【40代からの転職】キャリアカーバーの特徴とビズリーチとの違い

キャリアカーバーの特徴
疑問くん

リクルートキャリアのキャリアカーバーってどんなサービス?
ほかの転職エージェントやビズリーチとなにが違うの?

そんな疑問にお答えします。

キャリアカーバーの特徴は、ハイクラスに特化した転職サービスです。
あなたのレジュメ(職務経歴)を見たヘッドハンターが、転職支援のスカウトをしてきます。

所属しているヘッドハンターは、2,500人以上。

取り扱っている年収800万円以上の求人数も2021年3月時点で62,000件以上あり、収入アップを狙う人にオススメの転職サービスです。

しかしキャリアカーバーを利用するには、ある一定の条件があります。

本記事では、実際に筆者が利用してみたキャリアカーバーの特徴や感想と、他社サービスとの違いをご紹介します。

この記事を書いた筆者

筆者の僕は40代のサラリーマン。
1~2年で勤務地が変わる、いわゆる転勤族です。そんな転勤に疲れ切ってしまい、転職活動を始めました。

筆者

実際にキャリアカーバーを使っているので、シェアさせてもらいます。

\ 公式サイトはこちら /

目次

キャリアカーバーの特徴とは?

ポストイットを読んでいるビジネスマン

キャリアカーバーは、2014年にミドルエグゼクティブ層向けの転職サービスとしてスタートしました。

リクナビNEXT【リクルートエージェント】を運営している、リクルートキャリアが提供元です。

キャリアカーバーの主な2つの特徴を紹介します。

取り扱う求人の年収は600万円以上

逆に600万円以下の求人は一切ありません。

年収800万円以上の案件に絞っても、62,000件以上がヒットします。

キャリアカーバー_求人検索

ヘッドハンターからスカウトされる

あなたのレジュメ(職務経歴)をサイトに上げると、それを見たヘッドハンターからスカウトメールが届きます。

キャリアカーバー_スカウトの仕組み

レジュメを公開するだけでヘッドハンターから連絡が来るので、こちらからエージェントを探す手間が省けます。

もちろん2,800人以上いるヘッドハンターに、あなたから転職サポートの依頼をすることも可能です。

キャリアカーバー_ヘッドハンター検索

ヘッドハンター個人のプロフィール(経験年数・学歴・自己PR・経歴・実績など)も確認できます。

\ 公式サイトはこちら /

キャリアカーバーの使いづらい点とは?

額に手を当て悩むビジネスマン

特徴的な転職サービスであるキャリアカーバーも、使いづらいと感じてしまう点があります。

年収が600万円付近である必要がある

キャリアカーバーは、ハイクラスの求人を集めているという特徴があるため、利用者側にもある程度の年収が求められます。

キャリアカーバー_求職者の年収選択

年収600万円が1つの基準となっていると推測します。

スカウトされなかったら始まらない

キャリアカーバーは、ヘッドハンターがスカウトしてくるという特徴のあるサービスです。

ヘッドハンターからの連絡がなかったら、転職活動を始めることができません。

スカウトを多くもらうコツとしては、レジュメの職務経歴や内容にあなたの強みや適性を混ぜておきましょう。

別の記事で自己分析ツールを紹介しましたので、ご活用ください。

≫ 【コンピテンシー診断】無料の試験で41項目のあなたの適性がわかる

≫ リクナビNEXTグッドポイント診断|あなたの強みを見つけませんか?

直接応募ができない

キャリアカーバーは、ヘッドハンターからスカウトされ、転職支援を受けることが特徴です。

その反面、求人検索で興味を持った求人があっても、直接企業に応募することはできません。

キャリアカーバー_求人応募方法

担当の転職エージェントに応募の依頼をし、そのエージェントがあなたの転職支援を引き受けたのちの応募となります。

転職エージェントから転職支援を断られた場合には、希望する企業にも応募することはできません

「いちいちエージェントを通すのが邪魔くさい!」と感じるなら、リクナビNEXTミイダスなどの転職サイトを利用しましょう。

キャリアカーバーの良い点とは?

笑顔で振り向くビジネスマン

キャリアカーバーを使う上で、使いやすい点やメリットなどの特徴を挙げていきます。

40代でも転職できる

40代の転職は、20~30代と比べてカンタンにはいかないという特徴があります。

同じスキルを持った20代と40代がいれば、安く使える20代を採用することでしょう。

さらには一般的な転職サービスでは40代向けの求人数も少なく、際立ったスキルを持っていなければ書類通過すらままなりません。

しかしキャリアカーバーに掲載されている求人は、チーム責任者候補や新規事業の立ち上げメンバーといったハイクラスの案件が多く占められています。

求職者の年収も600万円以上を対象としている特徴もあり、まさにミドル世代に特化した転職サービスだと言えます。

すべてのサービスが無料である

利用者側には、一切の料金が発生しません

また企業側も初期費用と、内定者が決まったときに料金を支払う成功報酬型のため、求人を出しやすいという特徴もあります。

代表的なスカウト型転職サービス「ビズリーチ」の場合では、一部の機能が有料となります。

キャリアカーバーとビズリーチの違い

キャリアカーバービズリーチ
ヘッドハンター数2800人4600人
公開求人数62000件127000件
料金無料一部有料
タレント:
3278円
ハイクラス:
5478円
求人の特徴大手企業大手・ベンチャー

転職活動にお金をかけたくないなら、キャリアカーバーがオススメです。

担当者を自分で選べる

キャリアカーバーでは、転職エージェント担当者の詳細を確認できるという特徴があります。

オファーをいただいた担当者の情報を確認し、あなたが自分の担当者を決めることができます。

これが一般の転職エージェントでは、あなたの担当者をあなたが選ぶことができません。

キャリアカーバーであれば、あなたが選ばれる側でもありますが、選ぶ側にもなれるわけです。

キャリアカーバーの特徴:まとめ

握手するビジネスマン

スカウト型転職サービスのキャリアカーバーには、2つの特徴があります。

  • 取り扱う求人の年収は600万円以上
  • ヘッドハンターからスカウトされる

特に、我々40代のミドル世代にオススメの転職サービスです。

とはいえ、キャリアカーバーだけで転職活動を進めても、応募書類の添削がされなかったり、オファーが来るまでに時間がかかります。

大手転職エージェントの【リクルートエージェント】doda【パソナキャリア】などにも登録しておくのがベストです。

それぞれの長所を活かし、より多くの求人と出会うことで、あなたにあった会社と必ず巡り合えるはずです。

\ 公式サイトはこちら /

キャリアカーバーの特徴

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる