インターネットが遅いと感じたら【確認したい3つのポイント】

インターネットが遅い! と感じたら・・・ インターネット

突然ですが、自宅で使っているインターネットに満足してますか?

ネットゲームや在宅勤務など、インターネットの通信速度や安定性が求められる機会が多くなりました。

スピード勝負のネットゲームで、なかなか画面が切り替わらない。

仕事をサクサク進めたいのに、読み込みが遅くて資料が表示されない。

あなた
もっとサクサク動くインターネットはないものか!?

そんなお悩みにお答えします。

✔︎ 本記事の内容

  • インターネットが遅いと感じたら
  • インターネットが遅いときの対策

「インターネットが遅いなぁ。。。」とは思っているものの、「よくわからないし」とか「めんどくさいし」と思って、そのままにしていませんか?

本記事は、そんなあなたに向けて書きました。

「インターネットをサクサク使いたい!」という人は、ぜひ最後までお付き合いください。

快適なインターネット環境を整えるためのお手伝いをしていきすね。

✔︎ 本記事の著者

インターネットやIoT機器を取り扱う、通信業界の営業マン

通信業界に在籍し、あっという間に10年以上の月日が流れました。

ブログを書くにあたり再度通信のあれこれを勉強し直し、初心者の人にもわかりやすい記事を心がけ、日々奮闘しています。

スポンサーリンク

インターネットが遅いと感じたら

寝ているナマケモノ
  • 契約回線を確認する
  • 配線方式を確認する
  • 無線LANルーターを確認する

この項目では、あなたが実際に使っているインターネット回線を分解します。

なぜインターネットが遅いのか?

まずは3つのポイントを確認してください。

契約回線を確認する

インターネットが遅いと感じたら、契約回線を確認しましょう。

どんなに高スペックのPCや無線LANを利用していても、おおもとのインターネット回線が遅いプラン・種類のものであれば、インターネットは速くなりません。

たとえば水道の蛇口を少ししかひねらなかったら、水は少しずつしかでてきませんよね?

インターネットも同じです。

あなたの契約している、インターネット回線の最大通信速度を確認してください。

プロバイダの契約書やサイトで確認できます。

代表的なインターネットサービス

商品名ジャンル
フレッツ光光回線
光コラボ光回線
NURO光光回線
auひかり光回線
スマートフォンモバイル回線
ポケットWi-Fiモバイル回線
UQ WiMAXモバイル回線
J:COM光ハイブリット

配線方式を確認する

インターネットが遅いと感じたら、配線方式を確認しましょう。

電柱から部屋まで引かれているケーブルの種類で、通信速度は変わります。

たとえば車でとある目的地に高速道路を利用するのか、一般道で向かうのかで移動時間は変わりますよね?

あなたが使っているインターネット回線は、どのケーブルを利用しているのかを確認してください。

インターネットのコンセントで判断できます。

配線方式の見分け方

差込口配線方式
光コンセント光ケーブル
LANコンセントLANケーブル
電話コンセントVDSL
テレビコンセント同軸ケーブル

光コンセント

光コンセント

光コンセントにつないでいるのなら、電柱から部屋までは光ケーブルを利用しています。

電話コンセント

電話コンセント

電話コンセントにつないでいるのなら、VDSL方式と呼ばれる電話ケーブルでのインターネット接続になります。

テレビコンセント

テレビコンセント

ケーブルテレビのインターネットに多く使われています。

無線LANルーターを確認する

インターネットが遅いと感じたら、無線LANルーターを確認しましょう。

無線LANは5~6年の周期で進化をしていて、10年前の無線LANと直近の無線LANでは、通信速度の差が約30倍も違うんです。

無線LANもパソコンやスマホと同じで、常に進化し続けているんですよね。

あなたが使っている無線LANは、Wi-Fiのどの規格に当たるのかを確認してください。

無線LANルーターの型番から規格が検索できます。

無線LANルーターの規格

規格Wi-Fi世代
IEEE802.11nWi-Fi4
IEEE802.11acWi-Fi5
IEEE802.11axWi-Fi6

インターネットが遅いときの対策

チェックする女性
  • 光回線に変更する
  • 光ファイバー配線方式に切り替える
  • 最新の無線LANルーターに交換する

この項目では、分解したインターネット環境の改善策を説明します。

どうしたらインターネットが速くなるのか?

そのヒントを提案します。

光回線に変更する

インターネットを速くしたいなら、光回線に変更しましょう。

現在主流の光回線であれば、最大通信速度1Gbpsでインターネットが利用できます

ケーブルテレビの光ハイブリットでは、320Mbps~12Mbpsと光回線には勝てません。

モバイルWi-Fiやスマホなどでは、早いものでも150Mbpsです。

光回線は自宅でしか利用できないデメリットもありますが、その分インターネットが圧倒的に速くなります。

オススメの光回線サービス

  • NURO光
  • auひかり
    (ホーム1ギガ、マンションタイプF)
  • 電力会社の光回線

(記事リンク予定)光回線を選ぶときに気にするポイント

光ファイバー配線方式に切り替える

インターネットを速くしたいなら、光ファイバー配線方式に切り替えましょう。

契約料金が安いプランや古い集合住宅などでは、電話ケーブルやテレビケーブルで配線されているものがあります。

これではいくら光回線を契約しても、光回線本来の通信速度を活用できていません

最大通信速度の例

配線方式最大通信速度
光ケーブル1Gbps
LANケーブル1Gbps
電話ケーブル100Mbps
テレビケーブル320Mbps

特にマンションタイプでの契約は、建物の既存設備に依存します。

光ケーブル未対応の集合住宅で光ケーブルを希望する場合、マンションタイプではなく戸建てプランでの契約が必要になるケースも。

加えて光ケーブルを希望して戸建てプランを申し込んでも、通信会社によっては対応不可となる場合があります

(記事リンク予定)配線方式による通信速度の違い

最新の無線LANルーターに交換する

インターネットを速くしたいなら、無線LANルーターを最新のものに交換しましょう。

最新の無線LANルーターは規格上、通信速度9.6Gbpsで接続ができます。

10年前の無線LAN規格の最大通信速度は300Mbpsだったため、約30倍の性能の差があるわけです。

最新の無線LANルーターに買い替えることで、通信速度が改善する可能性は高いです。

無線LANの世代と速度

Wi-Fi世代通信速度
Wi-Fi4(11n)600Mbps
Wi-Fi5(11ac)6.9Gbps
Wi-Fi6(11ax)9.6Gbps

(記事リンク予定)無線LANルーターを購入するときの注意点とは

まとめ

パソコンと向き合う男女

「インターネットが遅い!」と感じたら、次の3つを改善しましょう。

  • 光回線に変更する
  • 光ファイバー配線方式に変更する
  • 最新の無線LANルーターに交換する

ネットゲームをはじめ、在宅勤務の増加などにより、今まで以上にインターネットの需要と安定性が求められるようになりました。

モバイルWi-Fiやスマホなどの移動体通信は持ち運べるメリットもありますが、通信速度や安定性・通信容量には課題が残ります。

今後はIoT機器の普及に伴い、光回線と無線LANの需要はますます増えてくる見込みです。

「インターネットが遅い!」とお悩みであれば、ぜひ光回線への切り替えと最新版の無線LANルーターを検討してみてください。

スポンサーリンク