ads.txtの設置方法とその効果|あなたのサイトを守りましょう!

ハッカー
あなた

Googleアドセンスのトップページに出てくる警告文。あれって対応しないといけないの?Googleの説明も全く意味がわかりません。

そんな疑問が解決します。

結論からいうと、Googleの警告文が表示されたら、必ずads.txtを設置してください

Googleアドセンスの広告料が抜き取られたり、あなたのサイトのドメインパワーが低下する可能性があります。

本記事では、ads.txtの設置方法とその効果についてまとめました。

この記事を読めば、ads.txtの設置方法がわかり、収益減少リスクからあなたのサイトを守ることができます

【 本記事の内容 】

  • ads.txtの設置方法とその効果
著者

僕もads.txtの設置には苦労しました。画像つきでads.txtの設置方法とその効果を解説します。

目次

ads.txtの設置方法とその効果

Online protection

設置方法の説明画面は、エックスサーバーのものになります。
他社サーバーの場合には、設置方法が異なる場合があります。

\\ 公式サイトはこちら //

ads.txtの設置方法

STEP
ads.txtファイルを取得する

警告文の右側にある「今すぐ修正」をクリックしましょう。

1.アドセンス警告文

ads.txtファイルをダウンロードします。

2.ads.txtのダウンロード

次のポップアップがあがりますので、ファイルを保存しましょう。

3.ads.txtファイルのポップアップ

ファイルがダウンロードできたと思います。

4.ads.txtファイルの確認

これでads.txtファイルの取得は完了です。

STEP
ads.txtをサーバーに設置する

サーバーのユーザーページにログインします。

5.サーバーログイン画面

ログインしたら、「ファイル管理」をクリックします。

6.サーバーのファイル管理を選択

ads.txtを設置するドメインのフォルダをクリックします。

7.ドメインを選択

ads.txtファイルの設置先である「public_html」をクリックします。

8.保存先を選択

ads.txtファイルを設置します。

9.ads.txtファイルをアップロードする

無事、ads.txtファイルが設置されました。

10.アップロードの確認
STEP
Googleアドセンスを確認する

Googleアドセンスの管理画面に警告文が消えていることを確認しましょう。

サーバーの状況により、半日程度の時間がかかることがあります。

11.アドセンスの画面で警告文が消えています

これでads.txtの設置方法は以上です。

おつかれさまでした^^

ads.txtを設置する効果

ads.txtとは、無効なインプレッションやクリックによる広告の成約件数を水増しする不正を減らすための方法です。

ads.txtをサーバー上に公開することで、広告枠の販売を許可しているSSPというものを明示することができます。

広告主は、DSPというプラットフォームからSSPのads.txtと広告リクエストの内容を確認し、不整合がないかを確認して広告の表示を実施します。

わかりづらいので、イラストでも説明します。

ads.txtを設置しているサイトの例
ads.txtを設置していないサイトの例

adx.txtの効果とは、サーバー上にads.txtを公開することで自ドメインのなりすましを防止します。

それにより、自ドメインの信頼低下による収益減少を防ぐための方法が組み込まれたテキストであるということです。

ads.txtは必ず設置しておきましょう!

ads.txtの設置方法を確認して、必ず設定しておきましょう

トランシーバーでやり取りする警備員

ads.txtの設置方法がわからないといって、そのまま放置しておくのは危険です。

せっかく作ったブログ記事が収益化しなくなると同時にドメインの信頼性が落ちるため、Googleから評価されなくなります。

結果、Google検索にいつまで経っても掲載されずに、広告主からも不安視されたドメインの出来上がりです。

Googleアドセンスの試験を通過し、警告文が出てくるようになったら必ずads.txtを設置しておきましょう!

ハッカー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる