【実践者は語る】40代の転職は地獄と言われる7つの理由と5つの対策

40代の転職が地獄と言われる 7つの理由と5つの対策

転職に寛大になったと言われる現代。

それでも40代の転職は地獄だと言われます。

40代の転職希望者が抱える悩み
  • 40代でも本当に転職できるのか?
  • 40代で転職に失敗したら後がない
  • 1からやり直すのはしんどい

実際に40代で転職活動をして内定までもらった筆者も、そんな悩みを抱えていました。

しかし、サラリーマン生活もまだ、20年以上も残っているわけです。

20年以上もガマンを続けていきますか?
そもそもそんな会社であなたのスキルが活かせますか?

そこで本記事では、40代の転職は地獄だと言われる理由を分析し、40代でも転職に成功する方法を解説していきます。

40代の転職は、20代~30代と同じように進めていても、絶対に上手くいきません‼

本記事を読んで、40代の転職に備えておくこと・やるべきことを理解しておきましょう。

本記事の筆者とは?
⇒ 40代の中小企業に勤めるサラリーマン(中間管理職)です。新規開拓ができるという理由だけで、2年おきに全国転勤を指示されます。そんな会社に嫌気がさし、2009年のリーマンショックの中で内定8社を獲得した自信を引き連れて、40代で転職活動を再開しました。

目次

40代の転職が地獄だと言われている7つの理由

渦の中に落ちるビジネスマン

実際に筆者も40代で転職活動をしていましたが、まぁまぁしんどかったです。

無事に内定までこぎつけましたが、20代の転職とはしんどさのレベルもケタ違いでした。

疑問くん

具体的に20代と40代でなにが違うの?

40代の転職は地獄だと感じた、7つの理由をご説明していきます。

転職エージェントに登録できない

まず1つ目に地獄を感じた出来事は、転職エージェントに登録できないことです。

20代で使っていた転職エージェントを使おうと会員登録をしました。

しかし「ご紹介できる案件がありません」と、お断りをしてくる転職エージェントも。。。

筆者のスキル不足なのか、年齢による足切りなのかはわかりませんが、これは相当ショックでした。

転職エージェントの登録は、履歴書と職務経歴書が必要になります。
求職者のスキルや年齢などによって、転職支援が受けられない場合があります。

登録できても紹介される求人が少ない

結果的に【リクルートエージェント】では登録ができ、転職支援をお願いすることに。

しかし有給をとって面談し、いざ送られてくる求人をみると20代向けの求人の数々。

想定年収も200万円~300万円もダウンし、さすがに応募はできませんでした。

感覚値では、40代向けのマネジメントクラスの求人は、10件に1件くらいの割合です。

面談直後では求職者の求めるものを調べるため、この傾向が強まります。
最近では、マネジメントを求めている求人も増えてきました。

書類審査が通りづらい

紹介された求人票の中で働いてみたいと思った会社があっても、書類審査が通りません。

マネジメントクラスの求人数が少ない中で、ライバル達も同じようにその案件に応募しているからでしょう。

筆者

10社に応募して1社通過すれば御の字です。
ほとんど通過しません。

書類選考に落ちまくっていた時期に、40代の転職活動の地獄をもっとも感じました。

応募する書類(特に職務経歴書)は、何度も作り込みましょう。
あなたのスキルや経験、強みやできることを、とにかくPRすることが大事です。

熱意だけでは採用されない

無事面接までこぎつけても、熱意だけの40代は絶対に採用されません。

20代や30代前半と同じように「がんばります!やる気あります!」と熱意をPRしても、面接では冷ややかな目で見られることでしょう。

筆者

筆者も面接官をやるときがありますが、20代と40代では見るポイントが違います。

過去の実績やスキルがない40代は、転職で地獄を見ること必須です。

面接では過去の経験やスキルから、貢献できることをPRしましょう。
特に、マネジメント経験や組織運営をPRしておきたいです。

年収が下がってしまう

統計情報リサーチの情報では、転職で年収が上がった男性33.5%、年収が下がった男性36.2%となっています。

すべての人が転職で年収が下がるわけではありませんが、同様にすべての人が年収アップするわけではありません。

特に未経験の業界への転職や役職ダウンの場合には、年収が下がることを覚悟しましょう。

筆者

筆者も内定をいただいた会社から、現職と同じ待遇は難しいと言われてしまいました。

働く対価としての年収です。
生活の質を極端に下げてしまっては、転職した意味がありません。
事前に年収の最低ラインを決めておきましょう。

実績を0から作り上げる必要がある

当然、転職をすれば、転職前の会社で培ってきた実績は白紙に戻ります。

40代であっても転職先では新人なので、積極的に学んだり雑用を引き受けましょう。

筆者

学び直す覚悟がない人は、40代での転職には向きません。

転職を決めたのはあなた自身。
過去の栄光にすがっていても、結果は地獄しか待っていません。

上司が年下になる

業界や転職先の事情にもよりますが、上司が年下になるケースがあります。

転職前ではあなたがマネジメントしていた年代から、今度は逆にマネジメントをされる側になるわけです。

筆者

10歳以上も年下の上司だったら、筆者は難しいですね。

過去の実績と同様に、割り切れなければ地獄でしかありません。

年下でも上司は上司です。
上司が苦手とするポイントをあなたがサポートすることで、より良い関係づくりを目指しましょう。

地獄のような40代の転職活動に勝つための5つの対策

地獄から抜け出すための扉

地獄のような40代の転職活動も、キチンと対策をとっていれば内定を取ることはできます。

20代や30代前半と同じ戦い方をしているから、転職地獄から抜け出せないわけなんです。

疑問くん

どうしたら40代でも転職活動に勝つことができるの?

実際に筆者が実践した、40代向けの転職活動のやり方をご紹介していきます。

まずは自己分析をして己を知る

まずは、あなたの特徴・適性を知りましょう。

あなた自身を理解することで、書類作成や面接での発言に軸を作ることができます。

疑問くん

でも、なかなか自分のことってわかってないよね?

そんなときに適性試験がおすすめです。

適性試験の結果からあなたの強みや適性を見つけ、根拠となる体験談を加えていくだけ。

筆者

無料の適性試験もあります。
必ず受けておきましょう。

転職エージェントとの関係を強化する

転職活動では、転職エージェントとの関係性を強化しておいた方が良いです。

あなたが応募する企業を紹介してくれ、書類作成や面接対策のアドバイスも依頼することができます。

さらに書類選考の際には、推薦状まで書いてくれる転職エージェントを賢く使わない手はありません。

筆者

逆に転職エージェントを賢く使えないと、40代の転職では苦戦を強いられます。

転職エージェントを賢く使い、あなたにピッタリな企業を見つけましょう。

常に自分のスキルを磨いておく

40代にもなると、ある程度のスキルが身に付いています。

ルーティン業務は、無難にこなせますよね?

そこに慢心が生まれ、新しい知識・スキルを身に付けようとする意欲がなくなるわけです。

筆者

惰性で仕事をしても、スキルアップはできません。

地獄のような40代の転職活動を乗り切るため、常に自分のスキルを伸ばしておきましょう。

40代におすすめのスキルアップの方法は、副業です。

会社に頼らずお金を稼げるようになることで、本業にもいい影響を及ぼし、さらなるレベルアップにも期待できますよ。

サラリーマンにおすすめの副業
・せどり(転売)
・不動産
・ブログ(アフィリエイト)

定期的に転職活動をしておく

時間に余裕がある人は、定期的に転職活動をしておきましょう。

定期的に転職活動をしておくことで、転職市場の動向や求められているスキルがわかります。

筆者

すぐに転職するつもりがなくても、職務経歴書は定期的に更新をしておきましょう。

あなた自身のスキルの棚卸ができ、現職の仕事の取り組み方を見直すことができます。

書類作成の時間がカットできるので、スムーズに転職活動を始められるメリットもあります。

自分の意思で自分の人生を決める

直接的には転職活動と関係ありませんが、自分の人生は自分で決める!という気持ちは常に持っておきましょう。

40代の転職は地獄だと言われていますが、そこにビビッて現職にしがみ付いても、あなたの人生は好転しません。

筆者

筆者も理不尽な転勤を、退職覚悟で3度断りました。

転職をしたいと思うこと=人生をもっと良くしたいという気持ちの表れです。

確かに先が見えない恐怖もありますが、最後はあなた自身がどうしたいのかを、あなた自身で決めましょう。

まとめ:40代の転職は地獄と言われる7つの理由と5つの対策

残念ながら僕たち40代の転職は、地獄です。

20代や30代の転職とは様相がまったく違うので、戸惑うことでしょう。

40代の転職が地獄になる7つの理由
  • 転職エージェントに登録できない
  • 紹介される求人案件が少ない
  • 書類審査が通りづらい
  • 熱意だけでは採用されない
  • 年収が下がってしまう
  • 実績を1から作り上げる必要がある
  • 上司が年下になる

この中でも特に、書類審査が通りづらいことが苦しかったですね。

筆者

リーマンショックの2009年に内定8社の自信が、見事に打ち砕かれました。

しかし40代は40代なりの戦い方をすれば、内定が取れないということはありません。

40代の転職活動に勝つための5つの対策
  • 自己分析をして自分自身を知る
  • 転職エージェントとの関係を強化する
  • 常に自分のスキルを磨いておく
  • 定期的に転職活動をしておく
  • 自分の意思で自分の人生を決める
筆者

実際に筆者も40歳で内定を取ることができました。

今すぐの転職は考えていないという人も、自分のスキルの棚卸はしておきましょう。

いつでも自分を磨いておくことで、40代でも転職ができるようになります。

それに加えて、現職でも欠かせない人材になるため、転職する必要がなくなる可能性だってあるわけです。

実際に筆者の僕も転勤を断りましたが、降格処分もされていません。

さらにはいくつかのプロジェクトリーダーも任され、会社に対しても言いたいことを言えるようになりました。

筆者

内定を取れるスキルは、現職でも重宝されるスキルとなり、あなた自身のスキルアップにつながります。

本記事が少しでもあなたの人生の役に立てたら幸いです。

40代の転職が地獄と言われる 7つの理由と5つの対策

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる