インターネットの特化ブログはここをクリック!

40代の転職は厳しい?地獄?【実際にやってみたらそうでもなかった】

40代の転職は厳しい!?
あなた

40代の転職活動ってどれだけ厳しいの?
転職は30代が限界なのかな?

そんな疑問にお答えします。

積み上げてきた実績や進め方次第で、40代でも転職することは可能です。
単純に求められる条件が異なるだけでした。

そうは言っても40代で転職活動をするとなると、こんな不安がありませんか?

  • 本当に40代でも転職できるの?
  • 転職できずに無職なったらどうしよう。
  • 未経験でも相手にされるの?
  • 年下の上司にストレスが溜まりそう。
  • 現職を辞めたことを後悔しそう。

でも本記事を読めば、40代の転職活動の進め方がわかります。

40代の転職は確かに怖さも伴いますが、残りの人生をガマンだけで過ごすのもイヤですよね?

本記事の内容
  • 40代で転職活動をやってみた感想
  • 40代の転職が厳しい理由
  • 40代の転職活動の進め方や戦略
筆者

40代の転職活動は、20~30代と進め方や戦略が異なります。
筆者が実際に体験した、40代の転職活動をシェアします。

目次

40代の転職活動は厳しい?実際にやってみた感想

机に座って心配しているビジネスマン

筆者は20代で転職を2度ほど経験しました。

20代後半から40代前半までの10数年間、現職の会社に所属しています。

しかし、「成果を上げても評価されない」「地方エリアへの転勤ばかりで疲弊した」を理由に転職活動を始めました。

40代の転職活動は「厳しい」「地獄だ」と言われていますが、実際問題どうなのでしょう?

転職エージェントからお断りをされる

転職活動のサポートを受けたいと思い、20代で利用していた転職エージェント3~4社に登録申請をしました。

しかし数日後にエージェントから「ご紹介できる案件がありません」とお断りメール。

どのエージェントも年齢制限などはありませんが、明らかに年齢による足切りかな?と感じました。

紹介される案件が少ない

運よくサポートをしてくれるエージェントが見つかったものの、20代のころと比べて明らかに紹介案件が少ないと感じました。

時期的なものもあるかもしれませんが、それでもエージェントから紹介される求人が少ないです。

この時点で40代の転職活動は、やっぱり厳しいのか?と不安になりました。

書類審査が通過しない

それでも会社や商材に興味を感じ、約10社ほどに面接の打診をお願いしました。

しかし、「今回求めている人材と異なる」とのお祈りメールが届きます。

厳しい現実を叩きつけられます。

自分にはもう価値がないと落ち込む

「紹介される案件が少ない」「書類を送っても通過しない」のダブルパンチです。

自分にはもう転職市場での価値がなく、現職でガマンを虐げられる生活しか残っていないのか?と疑心暗鬼の念が生まれてきます。

40代の転職は厳しいということを、改めて痛感しました。

現職よりも給料が下がってしまう

それでもどうにかこうにか面接まで辿り着き、なんとか内定までこぎつけました。

しかし提示された年収は、現職の年収の-100万円と下げられてしまいました。

40代の転職活動には、内定を勝ち取っても厳しい現実があるようです。

なぜ40代の転職は厳しいのか?

頭を抱えるビジネスマン

内定をいただいた会社には、残念ながらお断りをすることにしました。

年収だけが理由ではなく、現職で出されていた転勤の打診が白紙になったからです。

しかし、40代の転職活動の厳しい状況は体験できました。

ではなぜ、40代の転職活動はこれほどまでに厳しいのか?を紐解いていきます。

40代を求める求人数が少ない

筆者は大手エージェントを利用していましたが、どの求人票でも20~30代を求めている内容でした。

「新規部署の開設に伴う人員追加」「新商品の売れ行き好調による人員追加」などです。

求人票には年齢制限などの記載はないため応募は可能ですが、明らかに20~30代の若手~中堅に分があります。

年収が確実に下がる

筆者が内定をいただいた会社は、現職とは競合関係にあたる会社です。

「即戦力としては申し分ない」との評価をいただきましたが、それでも提示された年収は現職の-100万円でした。

現職での役職はリセットされるため当然のことですが、また1から実績を作り直す必要があります。

扱いづらそうと思われている

ここからは筆者が面接官の立場で感じたことになります。

20~30代であれば自分よりも年下のため、ほかの部下と扱い方を変える必要はありません。

しかし自分よりも年上の部下であれば、多少は年下の部下と扱い方を変える必要がでてきます。

扱いづらそうという理由で、お断りをしたケースもありました。

新しい知識・技術の習得が遅そう

20~30代と40代では、知識や技術の習得が遅そうとのイメージがあります。

実際には個人差もあり、40代でも新しい知識や技術をどんどん吸収している人もいますが、確率的にやはり20~30代に分があります。

面接という短い時間では判断できない項目のため、40代が敬遠される原因の1つです。

プロパー社員の士気が下がりそう

40代を採用するとなると、提示する年収も前職がベースとなります。

すると、生え抜きのプロパー社員の年収よりも、高い年収で入社するケースもあるでしょう。

指導するプロパー社員よりも、指導される側の40代新人の方が年収が高い。

すると、指導する側のプロパー社員のモチベーションにも影響がでるため、40代の採用を敬遠する会社が多くなるという厳しい現実につながります。

厳しい40代の転職活動の進め方・戦略とは?

チェスをしているビジネスマン

40代の転職活動は、思った以上に厳しいという印象でした。

しかしそれは筆者が40代にも関わらず、20代のころと同じように、転職活動を進めていたことに理由がありました。

では40代になった今、転職活動の進め方や戦略はどうすればいいのでしょうか?

自己分析で自分を知る

20~30代は、ポテンシャル(潜在能力)があれば、面接を乗り切ることができます。

しかし40代ともなると、ポテンシャルよりも実績を示さなくてはなりません。

  • あなたはどんな人間で、何に強みを発揮できるのか?
  • これまでやってきた仕事は、あなたのどの能力を活かしてきたのか?
  • あなたの能力で、転職先にどのような結果を提供できるのか?

これらのことを具体的かつ数値化して、面接官に訴える必要があります。

とはいっても、なかなか自分自身のことを理解している人はいません。

そこで、自己分析ツールを活用しましょう。

≫ 【コンピテンシー診断】無料の試験で41項目のあなたの適性がわかる

≫ リクナビNEXTグッドポイント診断|あなたの強みを見つけませんか?

どちらも無料で利用することができます。

診断結果を応募書類に取り入れる

面接でいくらあなたの強みをアピールできるとしても、書類選考で落とされてしまえば、その機会も失われます。

あなたの実績や経験を羅列しているだけの資料では、面接官の興味を惹きつけることはできません。

自己分析ツールで出た結果を、履歴書や職務経歴書に取り入れてみましょう。

履歴書と職務経歴書のテンプレートは、【リクルートエージェント】のサイトでダウンロードできます。

≫ 履歴書をダウンロードする

≫ 職務経歴書をダウンロードする

40代の転職に強い転職エージェントを利用する

大手転職エージェントは、取り扱う業界は広く、求人の数も非常に多いことが特徴です。

しかしその分、20~30代向けの案件に偏りやすく、40代の転職に向きません。

であれば、ミドル世代に特化した転職エージェントを利用しましょう。

筆者も現職にて、再び転勤地獄に突き落とされましたので、転職活動を再開しました。

前回の転職活動で40代の転職活動は厳しいことを理解しています。

そこで同じ轍は踏みたくないということで、登録したのが【リクルートエージェント】と同じリクルートキャリアが運営しているキャリアカーバーです。

あなたの職務履歴や経歴をサイト上に上げておくだけで、厳選されたヘッドハンターから転職支援の打診がされます。

大手エージェントとは異なり、あなたの価値や実績を評価された結果で転職支援がされるため、より40代向けの転職エージェントと言えます。

実際に紹介された案件についても、マネージャー候補や新規部署の責任者といったものが多く、年収も現職の+100万円~300万円の案件が中心でした。

40代の転職活動は厳しい!でもやり方次第でチャンスにもなる!

握手するビジネスマン

40代の転職活動は、20~30代と同じ進め方や戦略では厳しい結果となります。

そのため、40代は40代に特化した進め方や戦略をもって、転職活動に挑みましょう。

  • 自己分析ツールを活用する
  • 応募書類に実績や強みを取り入れる
  • ミドル世代に特化した転職エージェントを利用する

40代は働き盛りの真っ只中にあり、転職市場でもマネージャーとしての需要が非常に高い年代です。

現職でくすぶり続けて、残りの社会人生活をガマンして生きますか?

それとも新しいことにトライして、羽ばたける未来を勝ち取りますか?

この記事を読んでくれたあなたには、ぜひ羽ばたける未来を選択してもらいたいと思っています。

\ 40代で転職活動を始めるならこちら /

40代の転職は厳しい!?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる