40代の転職が地獄と言われる7つの理由【打ち勝つための対策とは?】

40代の転職が「地獄」と言われる理由

40代の転職活動では、20~30代とは異なり、年齢の壁を感じることが多々あります。

また転職ができたとしても、職場環境次第では「転職をしなかった方がマシ」という地獄が待っています。

「40代で転職なんて、やっぱり無謀?」
「それでも転職するには、どんな対策があるの?」

そんな疑問を抱えた40代を向けに、本記事をまとめました。

40代の転職が地獄・厳しいと言われる理由と、打ち勝つための秘策をご紹介していきます。

目次

40代の転職が地獄・厳しいと言われる7つの理由

頭を抱えて悩んでいるビジネスマン

40代の転職は「地獄・厳しい」だと、耳にしたことはありませんか?

実際に筆者も40代で転職活動をしましたが、20代の頃とはまったくもって別物だと感じることが多かったです。

そこで筆者が感じた、40代の転職は地獄・厳しいと感じた理由をご説明します。

40代の転職は求人数が圧倒的に少ない

40代の転職が地獄・厳しいと感じた理由1つ目は、40代向けの求人が圧倒的に少ないことが挙げられます。

転職サイトに公開されている求人を見ても、40代向けのものは少なく、基本は20~30代向けのものが多いです。

転職サイトの求人では、
「先輩社員がOJTで仕事を教育します」
「20代でも管理職を目指せます」
などの若年層向けの求人がほとんどです。

転職活動を始めたいのに応募する企業がない!という状態が、40代の転職が地獄・厳しいと言われる由縁と感じました。

40代の転職は書類選考が通りづらい

40代の転職が地獄・厳しいと感じた2つ目の理由は、書類選考がなかなか通らないことが挙げられます。

応募する企業が見つかり応募手続きをしても、ほとんどの企業から「お祈りメール」が届きます。

お祈りメールのほとんどは、
「過去の経験が求めるものと違っていた」
「より条件に合致する候補者がいた」
など、気の滅入るものばかり。

面接の機会も与えられない環境は、まさに「地獄」と感じました。

40代の転職は転職エージェントに登録できない場合がある

40代の転職が地獄・厳しいと感じた理由3つ目は、転職エージェントからもお断りをされることが挙げられます。

転職エージェントもビジネスである以上、転職ができる見込みのない人には、転職サポートをしてくれないんですよね。

転職エージェントから
「紹介できる案件がありません」
「ご協力できないと判断しました」
というメールが届くと、企業からのお祈りメール以上にメンタルがやられます。

40代の転職では、登録できる転職エージェント探しも重要なミッションとなります。

40代の転職は年収が下がる可能性が高い

40代の転職で地獄・厳しいと感じた理由4つ目は、現職の年収が下がる可能性があることです。

厚生労働省「賃金変動状況」のデータを見ると、約6割の人の年収が「変わらない・減少」となっており、40代の転職で年収を上げることは厳しいという結果が示されています。

増加変化なし減少
40~44歳39.1%31%28.5%
45~49歳37.7%34%28%
令和3年8月31日付け資料

実際に筆者も40代で内定をもらいましたが、現職より100万円以上も低い額を提示されたので辞退しました。

40代の転職では、年収が下がる可能性が十分あり得るということを理解しておく必要があります。

40代の転職はマネジメント経験が必要

40代の転職で地獄・厳しいと感じた理由5つ目は、仕事の成果だけでは評価されなくなるということです。

20~30代の頃では売上〇〇%と大幅アップ!だけでも通用しますが、40代にもなるとマネジメント経験が必須となります。

筆者も5名以上のマネジメントをしていますが、部下を背中で引っ張る「アニキ」的なものであり、マネジメントではない!とバッサリ切られたことがあります(苦笑)

40代の転職では、プレーヤーとしてのスキル以上に、マネジメントスキルが重要であると痛感しました。

40代の転職は0から再スタートする必要がある

40代の転職が地獄・厳しいと感じた理由6つ目は、改めて実績を作り直す必要があるということです。

現職では人を動かす立場になっていても、転職先では新人からやり直すことになります。

当然、社員旅行や納会などの買い出しも必要となり、新しい知識・経験も積極的に取り入れる覚悟が必要です。

40代の転職では、新しい環境で学び直す!という覚悟がない限り、転職先で地獄が待っています。

40代の転職は上司が年下になる可能性も・・

40代の転職が地獄・厳しいと感じた理由7つ目は、上司が年下になる可能性が高いことです。

これまでマネジメントをしていた年代の人が、転職先では自分をマネジメントする側に変わるので、人間関係に苦労することが予想されます。

10歳以上も年下の上司だったら、筆者は非常に厳しいですね。。

上司が年下であるならば、その上司が苦手とする分野をあなたがサポートするなど、あなた自身が積極的に上司に絡んでいく必要があるでしょう。

地獄・厳しいと言われる40代の転職に打ち勝つ5つの秘策

人差し指を立てているビジネスウーマン

地獄・厳しいと言われる40代の転職でも、絶対に転職ができないか?と言われたらそうではありません。

40代なりの戦略を組み立てて、それを実行していくことで内定を獲得することは可能です。

そこで、40代の転職で実践しておきたい5つの秘策について説明していきます。

あなたの仕事の適性を正確に把握する

40代で転職を検討するなら、まずはあなた自身の仕事の適性を把握しましょう。

応募書類や面接でのアピール材料にも使え、企業選びの基準にもすることができます。

転職活動の軸になる部分であるので、ここは絶対に省いてはダメです。

無料で自己分析ができるツールもあるので、ぜひ活用してみましょう。

定期的に転職活動を行っておく

本当に40代でも転職を実現したいのであれば、定期的に転職活動をしておきましょう。

定期的に転職活動をしておくことで、市場の動向や40代に求められるスキルが肌で感じることができます。

実際に応募や面接をしなくても、職務経歴書の更新や求人票を見ておくだけでも違います。

入社をしたいと思える企業に出会うチャンスも広がりますし、普段の仕事のやり方も確実に意識が変わります。

転職エージェントとの連携を強化する

40代の転職には、転職エージェントの力が必要不可欠です。

普段から転職エージェントとコミュニケーションを取っておくことで、より多くの求人を紹介してもらえたり、最新の転職市場の動向などを教えてもらえたりします。

転職を焦らせてきたり、ちょっと自分には合わないなぁと思ったら、担当変更を打診するのも1つの手です。

40代の筆者でも登録ができた、おすすめの転職エージェントも関連記事にまとめました。

常に自分のスキルを磨いておく

40代の転職で求められるスキルは、20~30代とは比較になりません。

現職の仕事のやり方を見直し、常に新しいチャレンジをしておく必要があります。

ルーティン業務ばかりで毎日がつまらないなら、副業で自分のビジネスを立ち上げてもよいでしょう。

副業を始めることでビジネス感覚を養い、現職の仕事にも役に立ちます。

転職で実現したい希望に優先順位をつけておく

40代の転職では、希望する条件のすべてを実現することが難しくなります。

そこで転職で実現したいことに優先順位をつけておくことで、転職先とのミスマッチを避けることができます。

残業に苦しむ人であれば、高年収を狙わずに労働環境を重視する。
とにかく稼ぎたかったら、ベンチャー企業にトライする。
など、メリハリをつけることが重要です。

同時に転職理由も明確になるので、企業へのアピールにもつなげることができます。

40代の転職で地獄を見ないために、絶対にやってはいけないこと

ミドル世代の男性がバツ印を出している

40代で転職のやり方を間違えてしまうと、確実に地獄を見ることになります。

少しでもリスクを減らすための行動が、40代の転職には求められてくるでしょう。

そこで、40代の転職で絶対にやってはいけないことをまとめました。

転職先が決まる前に退職してしまう

転職先が決まる前に勢いで退職してしまうのは、非常に大きなリスクを背負うことになります。

ただですら40代の転職活動は長期化が予想されるので、定期的な収入がないと精神的にも追いやられます。

相当な貯金があっても、気がついたら底をついているなんていうのもザラです。
焦れば焦るほど、冷静に企業判断もできなくなり、入社してから後悔をしても手遅れです。

現職を辞めずに3~6ヶ月程度の長期的な視野をもって、転職活動をしていきましょう。

自分の経験や実績を過信しすぎてしまう

自分の経験や実績を過信しすぎてしまうのも、転職で地獄を見るパターンの1つです。

転職をするということは、新しい環境で0からやり直すことでもあります。

過去にやってきた仕事がどれだけスゴイことであっても、新しい会社では関係がありません。

新しい環境で新しい自分を発見するんだ!という謙虚な気持ちを持てないと、面接でも転職先でも上手くいくことはないでしょう。

家族に相談せずに転職をしてしまう

家族持ちの人であれば、転職活動を始める前に、必ず家族の協力を得るようにしましょう。

40代で新しい環境に飛び込むことは、想像以上に家族への負担も大きくなります。

仮に転勤なしの会社から転勤が多い会社に転職する場合、奥さんの仕事や子供の学校生活にも影響を与えます。

家族にとって何がベストなのかをよく話し合って、転職活動を始めることをおすすめします。

まとめ:40代の転職は地獄であり厳しいけれど・・

40代で実際に転職活動をしてみましたが、ハッキリ言って地獄でした。

無事に内定を取れた企業もありましたが、条件面での折り合いも厳しい結果となりました。

しかしやり方次第で40代でも転職ができることがわかり、転職活動で自分の適性を再確認できた結果から、現職でも今まで以上の成果を出すこともできました。

今の環境にくすぶっているなら、40代という年齢を言い訳せずに新しい挑戦をしてみましょう。

40代が会社を辞めたくなる理由については、こちらの記事にまとめました。

40代の転職が「地獄」と言われる理由

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる