AirPodsはランニング中に落ちる?【実際に124km走り検証しました】

(アイキャッチ)AirPodsはランニング中に落ちる? 趣味
ひろぽん
ひろぽん(@hiropon_cafe)です(^^)/

ワイヤレスイヤホンの代表格であるAirPods。

日常生活で耳から落ちることはありませんが、ランニングであればどうなのか?

落ちること・無くすことを覚悟で、検証してみました。

実際に124kmをランニングした結果をまとめていきます。


AirPodsはランニングで落ちるのか?

ランニングをする男性

「AirPodsはランニングで落ちるのか」をテーマに掲げ、約5ヶ月。

ランニング距離124kmを実際に走った結果を発表します!

まったく落ちませんでした!!!

ひろぽん
半分落ちることを覚悟してましたが、素直に驚きました!

iPhoneの付属品「EarPods」でランニングしていた時は、落ちる落ちる。

形状が同じAirPodsも落ちるだろ?と思っていただけに、いい意味で裏切られました。

AirPodsでランニングした距離

ランニングする女性

AirPodsを付けて、実際にランニングをした距離です。

スマホアプリのRunkeeperを利用しました。

Runkeeper画面4
Runkeeper画面3
Runkeeper画面2

Runkeeper画面1

ひろぽん
走った距離・ルート・速度・時間が記録できるアプリです!

>>>アシックス『Runkeeper』公式サイト

AirPodsとEarPodsで何が違うのか?

AirPodsとEarPods

AirPodsとEarPodsの耳に入れる部分のサイズは同じです。

でもランニング中の装着感は全然違います

有線ケーブルのEarPodsは、ケーブルの揺れと操作パネルの重さで右耳がよく外れてました

しかしAirPodsはケーブルがないこと・重みがあることで、落ちることはありません

ひろぽん
今ではまったく気にせずランニングをしています!!

もしAirPodsを落としちゃったら?

虫眼鏡

AirPodsはランニング中でも落ちることはないですが、念のための備えを説明します。

AirPodsは、iPhoneアプリ「探す」に登録することができます。

登録しておけばもしもの時に安心。

AirPodsとEarPods

上の画像のように、AirPodsがある場所をGPSで追える機能があります

ひろぽん
必ず登録しておきましょう!!

絶対にAirPodsを落としたくない人は、イヤホンパッドをお試しください。

結論:Air Podsはランニングでも落ちることはない

iPhoneとAirPods
・124kmのランニングにも耐えた
・ワイヤレスだから振動が少ない
・適度な重量がある
・最悪、落としても探せる

AirPodsはランニングでも落ちることはありません。

単調なランニングだからこそ、続けられる楽しみを1つ加えることがポイントです。

だけど、耳から落ちるイヤホンでは走ることに集中できません。

AirPodsであれば落ちる心配もないから、ランニングに集中することもできる。

ノイズカットがないのもランニングイヤホンとしてオススメポイント。

車などの周囲の音にもランニング中は気を付けないといけないですからね。

ひろぽん
もうAirPodsなしではランニングができません!

ランニング中のイヤホンに悩んでいる人にオススメなAirPodsの紹介でした。

最後までありがとうございました。