【40代の転職】おすすめの転職エージェントとは?【筆者おすすめの5社】

疑問くん

40代におすすめの転職エージェントを教えて!

そんな要望にお応えします。

筆者

40代だと転職エージェントの登録も断られる場合があります。

そこで本記事では、40代の筆者が実際に登録できて、おすすめできる!と思った転職エージェント5社をご紹介します。

転職活動は、あなたのスキル・実績+転職エージェントの質が結果を分けます。

より質の高い転職エージェントのサポートを受けて、転職活動を成功へと導きましょう。

本記事の筆者

中小企業に勤める40代のサラリーマン。

残業地獄から抜け出すため、20代で転職を2回しました。しかし、10年間勤めた現職から1年おきの転勤の打診。

40代で改めて転職活動を再開。1社だけ面接を受けましたが、その企業から無事内定をゲットしています。

目次

40代におすすめの転職エージェント5社

会議室で握手するビジネスマン

40代の筆者でも無事登録ができた、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

ちなみにdodaマイナビAGENTにも転職支援の登録をしましたが、見事にお断りされました。

40代おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • ビズリーチ
  • キャリアカーバー
  • JACリクルートメント

リクルートエージェント

リクルートエージェントトップページ

まずは転職業界の王者である、リクルートエージェントから。

リクルートエージェントは非公開求人の件数が10万件以上と、2位のdodaと約2万件以上の差があります。

また年代によるふるい落としがないようで、実際に40代の筆者でも登録することができました。

筆者

求人の紹介件数は、他4社を圧倒しています。

面談が終わると一気に30社くらいを紹介されますが、中には「これ、20代向けじゃない?」という求人も混ざっています。

ちゃんと面談で話を聞いてくれてた?と疑問に思うことも。

自分に合った企業だけを紹介してもらいたいという人だと、案件確認だけで転職活動がイヤになってしまう恐れもあります。

\ 転職支援の申し込みはこちら /

パソナキャリア

パソナキャリアトップページ

パソナキャリアもリクルートエージェントと並ぶ、大手総合型の転職エージェントです。

40代男性の筆者も登録できたように男性にもオススメですが、女性向けの案件にも強い転職エージェントでもあります。

こちらも面談後には、20社近くの求人を紹介してもらいました。

筆者

リクルートエージェントと重複している案件もチラホラ。

リクルートエージェントと同時期に進めていたので、筆者は一気に50社を確認しなければなりませんでした。

転職活動に多くの時間を使えない人は、大手総合型の転職エージェントは1社に絞ることをおすすめします。

\ 転職支援の申し込みはこちら /

ビズリーチ

ビズリーチトップページ

ビズリーチは、通常の応募型エージェントではなく、スカウト型の転職エージェントです。

あなたの経歴や仕事の成果などを記したレジュメを公開して、ヘッドハンターからの連絡を待ちます。

ヘッドハンターからスカウトがなければ、転職活動を進めることができません。

あなたのレジュメを見てスカウトされるので、ハイレベルな求人+あなたのスキルにマッチした案件を見つけやすい特徴があります。

筆者

すべてのサービスを利用するなら、有料会員になる必要があります。

≫ ビズリーチの公式サイトはこちら

キャリアカーバー

キャリアカーバートップページ

キャリアカーバーもビズリーチと同じく、スカウト型の転職エージェントです。

あなたのレジュメを公開し、ヘッドハンターからの連絡を待つ必要があります。

キャリアカーバーとビズリーチの違いは、ヘッドハンター数・求人数・料金などが異なります。

キャリアカーバービズリーチ
ヘッドハンター数2800人4600人
公開求人数62000件127000件
料金無料一部有料
タレント:
3278円
ハイクラス:
5478円
求人の特徴大手企業大手・ベンチャー

筆者も実際に使っていますが、ハイクラスな案件も多く、年収アップを狙える求人をたくさん紹介されています。

ただし、紹介された案件は1~2社だけ。紹介された案件を断るとそれっきりというヘッドハンターも存在します。

筆者

ヘッドハンター型の転職エージェントは、中小の人材紹介会社が多いので、大手のような紹介件数は期待できません。

\ ハイクラス転職を希望するならこちら /

JACリクルートメント

JACリクルートメントトップページ

JACリクルートメントは、外資系や海外進出などのグローバルに展開する企業を得意としています。

また、転職決定者の5割以上が40代以上であることから、ミドル世代に強い転職エージェントと言えます。

大手総合型の転職エージェントでうまくいかないという人は、ぜひお試しください。

筆者

40代以上のミドル世代に強いのは、すごく心強いですよね!

\ JACに転職支援を依頼するなら /

40代でも転職エージェントからおすすめ求人がもらえるのか?

握手する女性と見守る男性

転職エージェントに無事登録できたものの、ちゃんとおすすめ求人を紹介してもらえるの?という疑問にお答えします。

問題なく紹介してもらえる

大手総合型の転職エージェントからは、1社あたり20~30件のおすすめ求人の紹介がありました。

数が多い分おすすめされた求人を確認するのに、相当な時間を使いました。

筆者

とにかく応募しまくる!という人におすすめです。

スカウト型の転職エージェントからは、1社あたり2~5件のおすすめ求人の紹介がありました。

数は少ないですが、求人の確認に負担は少ないので、1社1社細かく内容を確認できました。

筆者

応募する企業をちゃんと精査したいという人におすすめです。

現実的に40代向けの案件数は少ない

大手総合型の転職エージェントからおすすめされた求人の中には、明らかに20~30代向けの求人も多く、40代向けの求人を見つけるのに苦労します。

またスカウト型の転職エージェントでは、1社あたりの紹介件数がかなり少なくなります。

20~30代向けの求人と比べると、40代向け(管理職を求める)求人の数は、圧倒的に数が少ないことが実感できます。

筆者

40代の転職は厳しい!地獄だ!と言われる由縁ですね。

40代こそ転職エージェントを賢く利用しよう!

数式の書かれた黒板の近くで眼鏡に触れる賢い子供

20~30代と比べて、40代向けのおすすめ求人の数は明らかに減ります。

だからといって、今の会社にしがみつきながら、残りの20年以上こき使われたくないですよね。

40代こそ転職エージェントを賢く使っていきたいポイントをご紹介します。

転職にかけられる時間が少ないから

40代ともなるとほとんどの人が、自分の家族を持っているでしょう。

そうなると仕事から帰ってきて家族の時間も必要となり、独身時代のように自分だけの時間を作ることが難しくなります。

40代は、転職にかけられる時間が圧倒的に少ないわけです。

だからこそ企業探しや応募手続きなどを、転職エージェントにお任せしちゃいましょう。

筆者

少ない時間で効率的に転職活動をするなら、転職エージェントの協力は必要不可欠です。

転職サイトよりも質の高い求人があるから

転職エージェントを活用するメリットの1つとして、質の高い求人を紹介してもらえることも忘れてはいけません。

転職サイトにも質の高い求人が並ぶことはありますが、企業側からみてかかる費用が全く違います。

転職エージェントに依頼をしている企業=求人にもお金をかけられる企業であるため、質の高い求人になるというわけです。

筆者

採用にお金をかけられる企業は、良い人材が集められるので、ますます良い企業になっていきますよね。

リクナビNEXTの場合

リクナビNEXTの場合では、6週間の掲載で20~180万円の掲載料が必要になります。

1回の掲載で5人採用しても、かかる経費は変わりません。

リクルートエージェントの場合

リクルートエージェントをはじめ、転職エージェントでは初期費用はかからないものの、転職者の年収の30~35%の報酬が発生します。

仮に500万円の転職者であった場合、リクルートエージェントに支払う報酬は一人当たり150万円~175万円にもなります。

フィードバックがもらえるから

転職エージェントを使うメリットの1つとして、フィードバックがもらえることが挙げられます。

応募した企業すべてから面接の案内や内定をもらえることはできません。

上手くいかなかった原因を探り、次に活かすことが必要になってきますが、転職活動を一人で進めているとそれもできません。

しかし、転職エージェントを経由していれば、不採用になった理由を企業に直接確認してもらえ、フィードバックを受けることが可能になります。

筆者

転職活動では、上手くいかなかった原因を次に繰り返さないことが重要です。

まとめ:40代におすすめの転職エージェント

階段を上るスーツ姿の男性

40代におすすめの転職エージェント5社を振り返ります。

40代おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • ビズリーチ
  • キャリアカーバー
  • JACリクルートメント

どの転職エージェントも、40代の筆者が登録できました。

最終的にはお断りをしましたが、実際に内定まで取れた企業もあるので、40代でも転職活動を成功させることはできます。

しかし20~30代のように、40代はガムシャラに活動をすればいいというものではありません。

あなた自身の経歴や仕事上の成果を整理しながら、キチンとアウトプットができるようになること。

それに加えて、転職エージェントを賢く使って、より良い求人を見つけていくことが重要です。

自分の適性がイマイチ理解できていないという人は、転職エージェントの登録の前に、自己分析ツールであなたの強みを明確にしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる