転職エージェントの賢い使い方【転職を成功させるための3つの秘訣】

転職エージェントの賢い使い方
あなた

転職エージェントに登録してるけど、自分にあった求人を紹介してもらえない。どうしたらいいの?

筆者

転職エージェントを経由して転職をした筆者が説明していきますね。

転職エージェントは、転職の各種サポートをしてくれるあなたのサポーターです。

しかし転職エージェントにただ登録をしているだけでは、希望する条件の会社には入社するどころか、求人の紹介すら期待できないでしょう。

つまり転職エージェントの賢い使い方を知り、それを実践することで初めて、転職エージェントはあなたの強力なサポーターになるわけです。

そこで本記事では、あなたの転職活動を成功させるための「転職エージェントの賢い使い方」について解説していきます。

この記事がおすすめの人
  • 転職エージェントを利用して、転職活動を進めていきたい人
  • 利用している転職エージェントに不満を感じている人
  • 転職エージェントを最大限に活用して、転職を成功させたい人
目次

転職エージェントの賢い使い方を知っておいた方がいい理由

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは、企業に人材紹介をすることで報酬を得ています。(年収の30%程度)

求職者側には利用料はいっさいかからず、様々なサポートを転職エージェントから受けることが可能です。

しかし内定が取れない求職者をいくら抱えていても、転職エージェントから見れば手間ばかり増え、何の利益も生み出しません。

つまり商品価値のない求職者と思われてしまえば、「登録すらできない」「サポートの打ち切り」もあり得るわけです。

転職エージェントのほとんどに、サポート期間が定められています。

そのため転職エージェントを利用する場合には、いかにあなたに商品価値があることを示す必要があるわけです。

筆者

転職エージェントを最大限に活用するための賢い使い方について、解説していきます。

転職エージェントの賢い使い方とは・・

良いことを思いつくビジネスパーソン

転職エージェントを利用して転職活動を進めていく場合には、次の3つがポイントとなります。

転職エージェントの賢い使い方
  1. 転職エージェントの担当者と連絡を密に取っておく
  2. 転職エージェントが提供しているサービスを最大限に利用する
  3. 複数の転職エージェントに登録する
筆者

それほど難しい話ではないので、しっかり覚えておきましょう。

賢い使い方1:転職エージェントの担当者と連絡を密に取っておく

転職エージェントを賢く使うなら、担当のキャリアアドバイザーとは連絡を密に取りましょう。

条件の良い非公開求人を優先して紹介してもらうためには、担当のキャリアアドバイザーとのコミュニケーションが超重要になってくるからです。

「紹介された求人に反応を示す」「面接が決まったら希望日程をすぐに返す」など、レスポンスに間を空けないことを心がけましょう。

逆にキャリアアドバイザーへの連絡をおざなりにしていると、「求人を紹介してもらえない」「条件と違う求人ばかり紹介される」などのデメリットが生じてしまいます。

・最初の面談はオンラインではなく、できるだけ対面を選びましょう。
・紹介された求人に応募しない場合でも、理由を添えてお断りしましょう。

筆者

あなたの人柄や希望条件を伝えることで、よりキャリアアドバイザーとの信頼関係を築くことができます。

賢い使い方2:転職エージェントが提供しているサービスを最大限に利用する

転職エージェントには求職者に対して、様々な無料サポートサービスが提供されています。

主なサポートサービス
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接
  • 各種セミナー

転職活動をより有利に進めたいなら、積極的にこれらのサポートを受けておく方がいいでしょう。

中でも応募書類の添削模擬面接のサポートは、転職活動を有利に進めていくためにも必ず利用しておきたいサービスです。

応募書類の添削をしてもらうことで書類選考が通過しやすくなり、模擬面接を受けておくことで面接対策を打つことができます。

筆者

まずは苦手分野の克服から始めてみてもいいかも。

賢い使い方3:複数の転職エージェントに登録する

転職活動に余裕が出てきたら、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントによって得意とする業界や求人などが異なり、相談役であるキャリアアドバイザーを複数抱えることで、あなたの転職活動の進め方にも幅が広がってくるからです。

もちろん複数の転職エージェントに登録することで対応時間が増えるため、転職活動に当てる時間が増えるというデメリットも生じます。

しかし今後の人生を左右する転職でもあるので、複数の転職エージェントからできるだけ多くの情報を仕入れておいた方がいいでしょう。

筆者

最低でも2社は登録しておきたいところです。

転職エージェントの賢い選び方とは・・

虫眼鏡を覗き込むビジネスマン

転職エージェントには、「総合型」と「特化型」と2つのタイプに分かれます。

複数の転職エージェントに登録するのであれば、タイプによる違いも知っておきたいところです。

それぞれのタイプによる長所・短所を把握して、転職エージェントを賢く選んでいきましょう。

筆者

総合型と特化型の特徴と違いを紹介します。

総合型転職エージェントの特徴

リクルートエージェントやdodaなどの大手転職エージェントは、様々な業界・職種を取り扱う総合型転職エージェントになります。

抱えている案件数が多いため「業界・職種を決めかねている」「たくさんの会社の中から選びたい」という人は、総合型転職エージェントがおすすめです。

さらに書類添削や模擬面接などのサポートも充実しているため、特に転職初心者には心強いパートナーになることでしょう。

ただしキャリアアドバイザーによって取り扱う業界・職種に得手・不得手があるため、サポートの質は担当者のスキル次第という弱点もあります。

代表される転職エージェント
  • リクルートエージェント
  • doda(デューダ)
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア

特化型転職エージェントの特徴

特化型転職エージェントは、取り扱っている求人案件が特定の業界・職種に特化されています。

例えばIT系や財務系など、転職先の業界・職種が絞れている人であれば、特化型転職エージェントがおすすめです。

キャリアアドバイザーも業界・職種に特化されているので、総合型以上の手厚いサポートに期待できるでしょう。

ただし抱えている求人数は大手と比べて多くはないため、総合型と併用することが望ましいです。

代表される転職エージェント
  • レバテックキャリア(IT・Web業界)
  • MS-Japan(管理部門)
  • ロバート・ウォルターズ(外資系)

まとめ

転職エージェントの賢い使い方について、改めて整理しておきましょう。

転職エージェントの賢い使い方
  • 転職エージェントを賢く使うなら、担当者との連絡は密に取っておく
  • 転職エージェントのサポートサービスを賢く利用して、ライバル達に差をつける
  • 複数の転職エージェントに登録して、幅広く情報収集をしておく
  • 転職エージェントの種類を理解して、総合型と特化型を使い分ける

転職活動を少しでも有利に進めたいなら、転職エージェントはおすすめです。

しかしながら、転職活動のすべてを転職エージェントに丸投げしているだけでは、ライバル達とは差がつきません。

一人のキャリアアドバイザーが抱える求職者は10~20人もいるので、待っているだけではあなたの対応が後回しになってしまうからです。

転職エージェントを賢く使うなら、担当者との連絡を密に取ること・様々なサポートサービスを積極的に利用することが重要になってきます。

相性が悪い・連絡の返信が遅いなど、少しでも不満に感じることがあれば、別の転職エージェントに切り替えることも重要です。

ぜひ満足いく転職活動をするためにも、本記事の内容を参考にしてもらい、転職エージェントを賢く使いこなしてください。

転職エージェントの賢い使い方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる