【40代からの転職】リクルートエージェントで40代でも転職できる?

疑問くん

40代でも転職エージェントに登録できるの?
希望する会社に転職できるの?

そんな疑問に、筆者の体験談を交えながらお答えします。

リクルートエージェントを使えば、40代でも転職することができます
(実際に内定1社を獲得しました)

しかし、40代のミドル世代に特化されている転職サービスではありません。

紹介される案件は20~30代向けのものも多く、応募したいと思える企業が少なかったという印象。

  • リクルートエージェントを利用しても、40代だと転職することができないのか?
  • 転職できたとしても、また新人に戻って20~30代の上司の下で働かなければいけないのか?

そんなことが頭をよぎりましたが、リクルートエージェントも使い方次第で十分活用できます。

本記事では、40代ならではのリクルートエージェントの活用方法をご紹介していきます。

本記事の筆者

中小企業に勤める40代のサラリーマンです。

ヤリガイをもって仕事には取り組めていますが、1~2年おきの転勤に将来の不安を感じ、転職活動を再開。

ブログを通じて、読者の皆さんに有益な情報を発信していきたいと思っています。

筆者

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

\ 公式サイトはこちら /

目次

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェント_トップ
画像:【リクルートエージェント】より引用

リクルートエージェントは、リクルートキャリアが母体の転職エージェントサービス。

利用者一人ひとりに転職支援をする担当者がつき、様々なサポートを受けることができます。

リクルートキャリアは、リクナビNEXTエグゼクティブ向け転職サービスキャリアカーバーなども運営しています。

求人数が多い

公開求人は10万件以上非公開求人は14万件以上と、取り扱う求人数は他社を圧倒しています。

さすがはリクルート系列ですね。

求人数が多ければ多いほど、紹介される求人の幅も広がるので、40代でも転職できる可能性は広がります。

無料で利用ができる

リクルートエージェントは、登録費や利用料は必要ありません。

一部の転職サービスでは利用料がかかりますが、リクルートエージェントはすべて無料です。

そのうえ、用意されたサービスは充実しているので、上手く使いこなしましょう。

サポートが充実している

企業に応募し、面接を受けるだけであれば、リクナビNEXTのような転職サイトと大差ありません。

しかしリクルートエージェントであれば、応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けることができます。

それ以外でも、面接日や入社日の調整、条件面での交渉なども対応してくれます。

リクルートエージェントは40代だと使いづらい点

疑問を感じている人

そんなリクルートエージェントも、特に40代のミドル世代にあわせたサービスではないので、すべてが満足!といったことはありません。

40代の筆者がリクルートエージェントを利用していて、使いづらいなぁと感じた部分をご紹介していきます。

希望にあった求人が紹介されない

40代の筆者は、そこそこの管理経験と営業実績があります。

その経験と実績を活かした仕事に就きたいと思っていて、リクルートエージェントとの面談でもそれを伝えました。

しかし紹介される求人は、新人メンバーとして1からやり直さなければいけないものが大半でした。

年収が低いものばかり

新しい会社に転職をするので、ある程度の年収ダウンは覚悟してます。

しかし紹介される求人の対象年齢は、20~30代前半であろうと予想されるものばかり。

当然、想定年収もそれにあわせたものが多く、現職の年収から200~300万円ダウンするものが大半を占めていました。

紹介される案件が多すぎる

紹介される案件が多いことは良いことです。

ですが、あまりにも多すぎると、確認するだけで1~2時間かかるので、疲弊してきます。

今回、日曜日に面談をしましたが、面談翌日に34件もの求人が届いていました

本当に自分に適性がある求人?機械的に検索されたものでは?というものもありました。

リクルートエージェントを40代でも活用する方法

ユーザーガイド

リクルートエージェントのメインのターゲット層は、20~30代です。

40代ミドル世代では、希望する条件すべてを合致させることは難しいでしょう。

しかし、そうは言っても業界最大手の転職エージェントです。

40代でも上手く活用することで、転職活動を乗り切れるサービスがたくさんありました。

そこで、筆者が実際に行っているリクルートエージェントの活用法をご紹介します。

応募書類の添削

リクルートエージェントのサポートの1つである、応募書類の添削はとても効果的です。

40代の転職活動では、書類をいかに通過させるかが勝負の分かれ目

1社でも多く書類を通過させるため、応募書類の添削サポートを利用しました。

今回、実際にアドバイスをいただいた内容は、3つほど。

  • 責任者を任されるまでの経緯と実績
  • 仕事に取り組む姿勢とその結果
  • マネジメント経験とその実績

これらの結果・実績を単独でPRするのではなく、つながりを持たせてPRした方が良い。

というものでした。

すぐに職務経歴書を書き直し、別のエージェントに確認してもらったところ、「修正すべきところはありません」との評価をいただくことができました。

紹介された求人の確認ポイントを絞る

紹介された求人すべてに目を通すことが理想です。

しかし現職の仕事を抱えながら、30件を超える求人すべてに目を通すことは現実的ではありません。

現職の仕事でヘトヘトになり、ようやく束の間の自分の時間を確保できても、その時間すべてを転職活動に当てていては、転職する前にストレスで転職自体に嫌気がさしてしまいます。

そこで紹介された求人の一覧画面で、確認するポイントを決めておきましょう

  • 仕事の内容
  • 想定年収
  • 勤務地
  • 就業時間
  • 従業員数

これらの情報は、求人一覧画面で確認が可能です。

筆者の場合は、「仕事の内容」と「想定年収」の2つに絞り、そこで興味が持てたら詳細を確認しています

転職活動の猶予期間にもよるので、あまり時間がない人にはオススメできませんが、時間に余裕がある40代の人にオススメの選び方です。

企業情報の補てんをする

40代の筆者は今回の転職活動で、リクルートエージェントとキャリアカーバーを利用しています。

キャリアカーバーとは、管理経験や高スキルを求められる求人が多く、40代ミドル世代にマッチした転職サービスです。

しかしキャリアカーバーの求人情報は簡素化されており、情報量が少ないと感じます。

特に勤務条件や制度・福利厚生などの記載がないため、仕事の内容と年収だけで応募の有無を判断しなくてはいけません。

そこでリクルートエージェントの求人検索を利用します。

同じリクルートキャリアが運営しているサービスだけあって、取り扱う求人が重複しているものが多く、検索をかけるとキャリアカーバーで紹介された企業を調べることができます。

情報量は圧倒的にリクルートエージェントの方が多く、足らない情報を補てんすることができました。

応募するかどうかの判断材料は多いに越したことはありませんからね。

リクルートエージェントは40代でもオススメの転職サービスです!

上向きの矢印に乗るビジネスマン

リクルートエージェントの転職サポートは、すべて無料です。

またサポート内容も最大手というだけあって、充実しているものばかり。

転職活動をするなら、必ずリクルートエージェントに登録しておきましょう。

特に本記事でも紹介した、3つのサービスを使わない手はありません。

  • 圧倒的な求人数
  • 充実の会社情報
  • 応募書類の添削

そのうえで、40代に強いとされる転職エージェントもあわせて登録しておきましょう。

2つの転職エージェントのいいとこ取りをすることで、厳しいと言われる40代の転職も無事乗り越えていくことができるでしょう。

\ 公式サイトはこちら /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる