なぜ、ダーツが上達しないのか?【結論:毎日投げ続けましょう】

【アイキャッチ】なぜ、ダーツが上達しないのか? 趣味

ひろぽん(@hiropon_cafe)です(^^)/

あなた
・ダーツが全然上達しない!
・後から始めた人に抜かれた!
・もうやめようかな?

そんな悩みを解消します。

結論:ダーツは毎日投げることが大切です。

1日10分程度でも構いませんので、ダーツを毎日投げてください。

この記事の内容
・ダーツが上達しない人の特徴
・上達しないことから脱出する方法
【自己紹介】
10年間ダーツ経験があります。
ダーツが上達せずに苦しんだ時期も、もちろん経験しました。
それでもめげずに練習を続け、大会やハウスで優勝を何度か経験したことがあります。

ダーツが上達しない人の特徴

ダーツ_アウトボード

ダーツが上達しない人の特徴は以下の通り。

・メドレーばかりしてる人
・スタッツばかり気にする人
・練習した気になってる人

上達しない人:メドレーしかしない

ダーツが上達しない人のほとんどが、基礎を後回しにしています。

狙った付近にダーツが投げられるようになって、アレンジや戦略が組み立てられます。

カウントアップが平均640点を超えるまでは、基礎練習を中心にしてみましょう。

ベースが出来上がってしまえば、アレンジや戦略も組み立てられ、勝手にスタッツだって上がっていきます。

上達しない人:スタッツばかり気にする

ダーツが上達しない人の特徴として、スタッツばかり気にしています。

負けても平均スタッツより打ててたと言って安心していては、ダーツは上達しません。

どんな相手にでも負けん気で挑み、仮に負けても再挑戦するなどの意気込みを持ちましょう。

スタッツとはあくまでも結果であり、ダーツの熟練度を示すものではありません。

上達しない人:練習した気になってる

ダーツが上達しない人は、ダーツバーの雰囲気で練習した気になっているだけ。

仲間内でダーツ談義や世間話でダーツが上達するなら、苦労はしません。

頭で理解したことを身体に反復して教え込むのが練習です。

しゃべるより投げる。これがダーツで上達するのに必須条件です。

上達しないことから脱出するには

ダーツとボード
あなた
さすがに毎日はダーツバーには行けないよ。

ダーツが上達しない!と悩んでいる人は自宅練習を始めましょう。

自宅練習のメリットは以下の通り。

・毎日練習できる
・グルーピングの練習に専念できる
・お金がかからない

自宅練習:毎日練習できる

ダーツが上達しないことから脱出するために、毎日練習をしてください。

ダーツは感覚スポーツのため、1日休んだら取り返すのは3日間かかると言われています。

寝る前の10~20分投げるだけでも、感覚はキープできます。

自宅でダーツを投げられる環境づくりをすることが上達への近道です。

ダーツを自宅でも投げたい! そろえておきたいアイテム5選

【解決】ダーツを自宅でも練習したい!【そろえておきたいアイテム5選】

自宅練習:グルーピングに専念できる

ダーツが上達しないことを脱出するために、グルーピングに集中してください。

3本のダーツをグルーピングさせることは、毎回投げ方が一定化している証拠です。

自宅練習であればどれだけ外してもスタッツに反映されることはないので、数字を意識せずに投げることができます

スタッツがどうしても気になる人には、スタッツが反映されない自宅で土台固めをするべきだと考えます。

自宅練習:お金がかからない

ダーツが上達しないことから脱出するためには、お金をかけずに練習してください。

自宅で練習をすれば、最初にそろえるアイテム以外のお金はかかりません。

普段の練習にお金がかからなければ、メドレー代や大会のフィーなどにお金を回すことができます。

練習は自宅でお金を使わずコツコツ積み上げ、鍛えたスキルをメドレーや大会で試してみましょう。

結論:上達したければ自宅で投げる

ダーツ_TON80

ダーツが上達しない人の特徴と、上達しないことからの脱出方法をまとめました。

毎日ダーツを投げるのであれば、やはり自宅練習が1番です。

自宅でダーツを投げるには、ダーツボードやスタンドなどが必要となりますので、関連記事を参考にしてください。

ダーツを自宅でも投げたい! そろえておきたいアイテム5選

【解決】ダーツを自宅でも練習したい!【そろえておきたいアイテム5選】

これらのアイテムをそろえるのに多少の出費は必要ですが、一度そろえてしまえばお金はかかりません。

交通費+ドリンク代+ゲーム代を考えると、1ヶ月で元が取れてしまうくらいの金額です。

ダーツが上達しないことから脱出したいなら、自宅で練習ができる環境を整えましょう

ひろぽん
ぜひ試してみてください!

最後までありがとうございました。