なぜダーツが上達しないのか?【結論:毎日投げ続けましょう】

なぜ、ダーツが上達しないのか?

ダーツを投げているのに、上達しない。
ダーツ仲間に、追い抜かされていく。。

ダーツを投げている人なら、誰もが1度はスランプにハマります。

ダーツァー

でもどうすればダーツが上達するの?
本当にAフラになれるの?

本記事を読めば、そんな疑問が解消します。

結論から言えば、ダーツが上達したいなら、毎日テーマを持って投げ込むことが重要です。

筆者

ダーツ歴10年以上の筆者が、上達しないで悩んでいるあなたにアドバイスを送ります。

目次

ダーツが上達しない人の特徴

ミスしたダーツ

筆者が10年以上ダーツを続けてきた中で、ダーツが上達しない人には、3つの特徴があることがわかりました。

ダーツが上達しない人の特徴
  • メドレーばかりしている人
  • スタッツばかり気にしている人
  • 練習した気になっている人

上達しない3つの特徴を、説明していきます。

上達しない人の特徴①:メドレーばかりしている人

ダーツが上達しない人は、メドレーばかりしていて、基本練習をまったくしていません

メドレーは勝負の駆け引きがあってとても楽しいですが、上達するには基本練習は必要です。

筆者

3本に1本はBULLに入れられるまでは、基本練習が中心でもいいかも⁉

カウントアップで平均640点(スタッツ80)を超えるまでは、基本練習を中心にダーツを投げ込みましょう。

上達しない人の特徴②:スタッツばかり気にしている人

ダーツが上達しない人は、スタッツばかり気にしている人が多いです。

確かにスタッツが高い方が勝つ確率も上がり、上達しているという実感もつかめます。

筆者

でもキャッチでたまたま入ったとか、外したダーツがバラバラだったら、スタッツが高くても意味がないんです。

スタッツを気にするより、まずはダーツがちゃんと狙えているか?狙った通りに飛んでいるのか?を気にしましょう。

上達しない人の特徴③:練習した気になってる

ダーツが上達しない人は、毎日ダーツバーに通っているだけで練習した気になっている人です。

確かにダーツバーに行くと仲間もいるから、ダーツ談義に花は咲くでしょう。

筆者

でもやっぱりダーツを投げた回数で、上達スピードも上がるんですよね。

自分で決めたテーマをやり切るまでは、とにかく投げるダーツの本数を増やすことが重要です。

ダーツが上達しない人におすすめの自宅練習

自宅にダーツボードを設置して練習している男性

ダーツの上達には、毎日の練習は欠かせません。

しかし毎日ダーツバーに通うのも、お金も時間もかかるので難しいですよね。

であれば、ダーツが上達しないと悩んでいる人は、自宅でダーツの練習できる環境を整えてみましょう。

自宅練習なら毎日ダーツが投げられる

普通の社会人であれば、毎日ダーツバーに行くことは難しいですよね。

でも自宅にダーツボードがあれば、1日10~20分くらいは練習できるはずです。

筆者

僕も自宅練習を取り入れてから、Aフラになることができました。

ダーツは感覚スポーツなので、毎日投げることで感覚がどんどん磨かれていきますよ

自宅練習ならグルーピングの練習に専念できる

ダーツが上達しないのは、3本のダーツを同じように投げられていないためです。

3本のダーツを同じように投げるには、フォームや投げ方を見直す必要があるでしょう。

筆者

自宅練習ならスタッツも気にならないため、フォームや投げ方に集中して練習することができます。

おすすめの練習法は、1本目のダーツと同じ投げ方で2本目3本目を投げ切ってみましょう。

1本目のダーツに2本目3本目が近ければ、3本のダーツが同じように投げられているということになります。

自宅練習ならお金がまったくかからない

ダーツバーで練習すると、1ゲームにつき最低100円はかかります。

しかし自宅練習なら1度道具をそろえてしまえば、あとは1円もお金がかかりません。

筆者

筆者もダーツバーに行くとお金を使い過ぎるので、普段の練習は自宅でやっています。

基本練習はお金をかけずにスキルを積み上げて、ダーツバーに行ったら色んな人にメドレーを挑んで、試合経験を積んでいきましょう。

まとめ:ダーツが上達しないなら自宅で毎日投げましょう!

ダーツを一生懸命投げているのに、上達しないのはつらいですよね。

でも毎日少しずつでも投げていれば、自然とダーツを投げる感覚が身に付くので、絶対に上達していきます

ダーツァー

でも、さすがに毎日ダーツバーに行くのは、厳しいよね。

なので、自宅にダーツが練習できる環境を作ってしまいましょう。

筆者

僕も毎日寝る前に、20分は投げるようにしています。

自宅にダーツが練習できる環境が整えば、あとはテーマを決めて投げ込むだけです。

自宅練習に必要な道具については、関連記事にまとめました。

今ならこちらのサイトで会員登録すれば、300ポイントがゲットできます。
ダーツショップ【DARTS HiVe】

なぜ、ダーツが上達しないのか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる