インターネットの特化ブログはここをクリック!

サラリーマンの副業はブログが最適です【1年間試してわかったこと】

ノートパソコンを使うビジネスマン
あなた

「このままサラリーマンの収入だけで大丈夫なんだろうか?」
「副業を始めるならなにがいいのかな?」

こんな悩みが解決します。

結論からいうと、サラリーマンこそ副業ブログを始めましょう!

現代日本では、大企業ではリストラが始まり、終身雇用の維持が難しくなっています。

副業解禁の流れも、決して手放しに喜べるものではありません。

そんな時代だからこそ、どこにも依存せずに収入上げられる力を養っておくことが、生きていくために必要なことです。

本記事を読めば、サラリーマンだけの収入に頼らずに、生きていけるようになります

【 本記事の内容 】

  • サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
  • サラリーマンが副業ブログで稼ぐ方法
  • 副業にブログを選ばない方がいい人
  • 副業のブログが会社にバレるとき
筆者

僕も1年前にブログを開設しました。ブログで稼ぐことは大変ですが、収益が上がったときは嬉しいものですよ。

目次

サラリーマンの副業にブログをオススメする理由

パソコンをタイプする手

自由になる時間が少ないサラリーマンには、できる副業の種類が限られてきます。

シンタロー(@sintarozevo)さんの記事に飛びます。

その中でブログをオススメする理由は、ブログには3つのメリットがあるからです。

  • 時間や資産の制約がない
  • 好きなことを記事にできる
  • 本業にも活かせる

時間や資産の制約がない

ブログには、時間や資産の制約はありません。

1度記事を上げてしまえば、仕事をしていても、寝ていても、収益が上がります。

もちろん良質な記事を書かなくては、売上が上がることはありませんが、時間は制約されません。

また、ブログ開設には多少の費用がかかりますが、年間15,000円程度と飲み会3回分です。

サラリーマンの仕事を続けながら、副業ブログで収益化を狙うことも夢ではありません。

好きなことを記事にできる

何を書こうが、あなたの自由です。

あなたが人よりも少しだけ得意なこと、知っていることを記事にしましょう。

スポーツが好きならスポーツブログ、食べることが好きならグルメブログ。

書くテーマはなんだっていいんです。

ちなみに僕はインターネットの仕事をしているので、通信系のブログを主に書いていますよ。

≫ インターネット関連の記事はコチラ

本業にも活かせる

ブログで養った知識や経験は、本業のサラリーマンの仕事にも役に立ちます。

会社に提出する資料が得意になるというメリットをはじめ、ビジネスのノウハウがブログには詰まっています

たとえば僕は通信系のブログを書いていますが、より一層通信の知識が身に付きました。

あなたの仕事をネタにして、ブログを書いてみましょう!

サラリーマンが副業ブログで稼ぐ方法

スタートアップのイラスト

サラリーマンの副業ブログで収益化を狙うなら、広告収入を狙いましょう。

でも単にブログを書いても、お金が入るわけではありません。

サラリーマンの副業ブログでお金を稼ぐ手順はコチラ。

  • ブログを開設する
  • 記事を書く
  • 広告サイトに登録する

ブログを開設する

副業ブログを始めるなら、独自のブログを開設しましょう。

無料ブログでもブログは書けますが、運営会社の規約を守る必要があります。

無料ブログのほとんどが、アフィリエイトと呼ばれる広告収入の仕組みを禁止しています。

独自ブログを開設するには、サーバーとドメインの取得が必須になります。

そこでオススメなのは、エックスサーバー

年間13,200円+登録費用3,300円でレンタルすることができます。

ついでに、ドメインも1つ無料でついてくるので、ドメイン代はかかりません。

Twitterでブロガーさんにアンケートを取ったら、約8割の人がエックスサーバーでした。

\ 公式はコチラから /

ブログの開設までをまとめた記事も書きましたので、コチラも参考にしてみてください。

記事を書く

副業ブログを開設したら、記事を書きましょう。

あなたのブログをGoogleで検索してもらうためには、SEO対策なども必要になってきます。

しかしブログで1番重要なことは、読者のためになる記事を書くということです。

SEO対策は傾向はあっても、正解はGoogleにしかわかりません。

読者の悩みを解決できるブログを書けば、必然的に読者が集まり、Googleからも評価されるようになります。

広告サイトに登録する

ブログの記事を書いたら、次に広告サイトに登録しましょう。

  • ASP
  • Googleアドセンス

ASP(アフィリエイト サービス プロバイダ)

ASPに登録すると広告を出したい企業の中から、あなたが紹介したい商品を選ぶことができます。

その商品に関連する記事やレビュー記事などを書いて、広告を載せればOK

その広告を見た読者が商品を購入すると、売上の数%が支払われる仕組みです。

ASPは検索するといくらでも出てきますが、副業ブログ開設当初は2つだけ登録しておきましょう。

\\A8.netの無料登録はこちら /

\ もしもアフィリの無料登録はこちら /

Googleアドセンス

Googleアドセンスは、広告がクリックされた時点でお金が支払われる仕組みです。

広告のスペースを提供するだけで、あなたが掲載する広告を選ぶ必要もありません。

アフィリエイトと比べるとハードルは下がりますが、その分単価も低くなります

また、Googleの厳しい審査に通過しなければならないのも特徴です。

Googleアドセンスに通過したら、下の記事も確認しておいてください。

サラリーマンの副業にブログを選ばない方がいい人

パソコンの前で考え込む男性

サラリーマンの副業にブログを選ばない方がいい人は、3つの特徴があります。

  • すぐに結果を求める人
  • 継続できない人
  • 本業の仕事に手を抜いている人

すぐに結果を求める人

副業ブログはサラリーマンとは違い、ブログを書けばお金がもらえるわけではありません。

あなたのブログを見た読者が、あなたの意見に共感し、商品を購入するわけです。

加えてブログ記事を書いても、Google検索に3~6ヶ月は掲載されません。

すぐに結果を求める人には、せどり(転売)をサラリーマンの副業としてオススメします。

継続できない人

副業ブログは、サラリーマンの仕事以上に地道な作業の連続です。

サラリーマンの仕事をしながら、毎日コツコツ積み上げていくことが求められます。

途中で投げ出したり、諦めてしまう人が多いのも、副業ブログの特徴。

長く地道にコツコツと継続できることが、副業ブログに求められる条件です。

本業の仕事に手を抜いている人

副業ブログは、サラリーマンの仕事があってこそ継続できるビジネスです。

僕も副業ブログを1年間継続してきましたが、サラリーマンの仕事がなければ続けていられません。

副業ブログ開設当初は、ブログの収益はスズメの涙なので、サラリーマンの収入だけが頼りです。

本業の仕事を怠る人には、副業ブログは続けることができません。

インフルエンサーにサラリーマンを煽る人がいますが、単なるポジショントークなので気にしてはいけません。

サラリーマンが副業でブログをしていても会社にバレないの?

警備員が停止を促している

多くの企業で副業が解禁になったといっても、まだ半数近くの企業では副業が禁止です。

サラリーマンである以上は、会社に副業をしていることを隠しておきましょう。

副業がバレてしまう理由は、以下の3つです。

  • 特定されやすい単語を使ってしまう
  • 自ら喋ってしまう
  • 確定申告を会社任せにしてしまう

特定されやすい単語を使ってしまう

サラリーマンの副業ブログであれば、本名や具体的な仕事の内容などは避けた方が無難です。

あなたの名前を検索したときに、ブログがでてきてしまえば、1発でバレます。

また、個人情報や具体的な仕事の内容などは、情報漏洩にもつながります

副業ブログでは、特定されやすい単語は極力控えるようにしましょう。

自ら喋ってしまう

副業ブログが会社にバレる最も多い理由が、この自ら喋ってしまうこと。

特に気が大きくなるお酒の場や気の置けない同僚との会話でも、気をつけなければなりません。

確定申告を会社任せにしてしまう

サラリーマンの給料は会社で確定申告で処理してもらえますが、副業ブログで得た収入は自ら行う必要があります。

これをおざなりにすると、住民税の税率から会社にバレてしまいます。

経費を除いた収入が20万円を超える場合、所得税の追加の確定申告はあなた自身で行いましょう。

サラリーマンは副業ブログを始めましょう!

スタートボタンをクリック

サラリーマンの副業には、ブログがオススメです。

「ブログはオワコン」ということも言われていますが、読者のためになる記事を書けばまだまだ稼げる副業です。

今後の日本経済を考えた場合、サラリーマンだけの収入に頼り切るのは危険すぎます。

あなた自身の力で稼げる力を身につけてるために、副業ブログを始めましょう!

サーバーに関する詳細はこちら

ASPに関する詳細はこちら

ASPに関する詳細はこちら

ノートパソコンを使うビジネスマン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる