無線LANの通信規格とは?【ルーターだけ最新にしても意味ないです】

無線LANの通信規格とは?ルーターだけ最新にしても意味ないです 無線LANルーター
あなた
「無線LANの通信規格ってなに?」
「規格ごとに端末も変えないといけないの?」
「最新の通信規格が1番速いの?」

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

  • 無線LAN通信規格の世代と速度
  • 無線LAN通信規格は下位互換
  • 無線LAN通信規格とストリーム数

無線LANルーターを購入するときに、Wi-Fi6とかWi-Fi5とか11axとか11acとか。

Wi-Fi6が良さげだけど、具体的になにがいいのかわかりませんよね。

そんな人はこの記事を読めばOKです。

この記事の著者

  • 通信会社で10年以上働く営業マン
  • 主に無料インターネットを提供
  • 業界で初めて埋込式無線LANを採用

無線LAN通信規格の世代と速度

無線LAN通信規格の解説

無線LANの通信規格は、家庭用では下の6つ。

IEEE802.11は共通していて、11の後ろのアルファベットで世代が分かれます。

規格周波数最大通信速度
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11a5GHz54Mbps
IEEE802.11n
(Wi-Fi4)
5GHz
2.4GHz
300Mbps
IEEE802.11ac
(Wi-Fi5)
5GHz6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi6)
5GHz
2.4GHz
9.6Gbps
無線LAN通信規格とスペック

IEEE802.11axやIEEE802.11acなど、規格名と世代がわかりづらいという理由から、IEEE802.11axからWi-Fi6と呼ぶことになりました。

IEEE802.11acは1つ前の世代ということでWi-Fi5、IEEE802.11nは2つ前の世代ということでWi-Fi4と命名。

ちなみにWi-Fi1~3はありません。

無線LANルーターのパッケージなどで、Wi-Fi6(11ax)などの表記で区別ができます。

無線LAN通信規格は下位互換

無線LAN通信規格は下位互換

無線LAN通信規格は、パソコンやスマホ・タブレットにも共通しています。

Wi-Fi6の無線LANルーターを購入しても、パソコンやスマホが未対応であれば、Wi-Fi6では通信できません。

【 参照 】
iPhone11はWi-Fi6に対応していますが、iPhoneⅩまでは未対応です。

無線LANルーターだけではなく、パソコンやスマホ・タブレットの無線LAN通信規格も確認しましょう。

あなた
じゃあ、通信規格をあわせないと、無線LANルーターは使えないの?

そんな疑問が出てきますが、そこは安心してください。

無線LAN通信規格が異なるルーターと端末を接続しても、無線LANが利用できないというわけではありません。

下の表で説明します。

ルーターの
通信規格
端末の
通信規格
接続される
通信規格
11ax
(Wi-Fi6)
11ax
(Wi-Fi6)
11ax
(Wi-Fi6)
11ax
(Wi-Fi6)
11ac
(Wi-Fi5)
11ac
(Wi-Fi5)
11ac
(Wi-Fi5)
11ax
(Wi-Fi6)
11ac
(Wi-Fi5)
11ac
(Wi-Fi5)
11ac
(Wi-Fi5)
11ac
(Wi-Fi5)
各端末の通信規格と接続される通信規格

上の通り、通信規格があっていなくても、下位互換で接続できます。

逆に最新通信規格のWi-Fi6で接続をしたい場合には、ルーターと端末をWi-Fi6対応機に買い替える必要があります。

無線LAN通信規格とストリーム数

無線LAN通信規格とストリーム数

無線LANルーターの通信速度は、通信規格とストリーム数によって異なります。

通信規格によって1本あたりの最大通信速度が決定され、ストリーム数によって送信データ量が決まるというイメージです。

ストリーム数Wi-Fi5Wi-Fi6
1×1433Mbps1.2Gbps
2×2867Mbps2.4Gbps
3×31.3Gbps3.6Gbps
4×41.7Gbps4.8Gbps
Wi-Fi規格別最大通信速度

通信規格はルーターと端末と相互関係によって、接続通信規格が決まると先述しました。

ストリーム数においても、そこは同じです。

ルーターが4×4であって、端末が2×2であれば、接続されるストリーム数は2×2となります。

無線LANのストリーム数については、関連記事にて詳細を確認してください。

無線LANのストリーム数とは?知らないで購入すると失敗します

無線LANのストリーム数とは?【知らないで購入すると失敗します】

無線LANの通信規格まとめ

Wi-Fiと接続機器

無線LANルーターを最新通信規格Wi-Fi6に買い替えても、パソコンやスマホ・タブレットがそれに対応していなければ、結果1世代前のWi-Fi5の接続になります。

その時にストリーム数が買い替え前の無線LANルーターから下がっていれば、新しいルーターに変えたことによって、逆に速度が遅くなります。

無線LANルーターを買い替えるときには、使用する端末が対応している通信規格の確認と、無線LANルーターのストリーム数も忘れずに確認しておいてくださいね。