建設キャリアアップシステム(CCUS)のカードリーダーの種類と選び方

建設キャリアアップシステム 対応のICカードの選び方

建設キャリアアップシステム(CCUS)の運用には、カードリーダーが必須アイテムです。

しかしカードリーダーをはじめ、建設キャリアアップシステム(CCUS)は、小難しい説明ばかりで意味不明なことが多すぎます。

そこで本記事では、建設キャリアアップシステム(CCUS)のカードリーダーに的を絞って、わかりやすく解説していきます。

本記事がおすすめの人
  • 元請事業者の購買担当
  • 現場を取りまとめる監督
筆者

令和5年には運用が原則化となるので、早めに対応しておきましょう。

本記事の筆者

建設キャリアアップシステム(CCUS)の関連商品を取り扱う営業マンです。実際に現場で見聞きした情報をもとに、本記事をまとめました。

目次

建設キャリアアップシステム(CCUS)のカードリーダーの種類と選び方

ICカードリーダー

建設キャリアアップシステム(CCUS)に対応しているカードリーダーは、全部で4種類です。

カードリーダーの種類
  • Dragon_CC
  • BNR01NF
  • Dragon_BLE
  • NR05-BT

カードリーダーの種類によって、対応するOSや接続方法に違いがあるので、注意しましょう。

筆者

1台3万円もするので、よく確認しておきましょう。

カードリーダー①:Dragon_CC

型番Dragon_CC
メーカーサーランド・アイエヌイー
対応OSWindows
接続方法USB接続
給電方法USBバスパワー
価格12,100円
Dragon_CC

Dragon_CCは、Windowsのみ対応しています。

建設キャリアアップシステム(CCUS)専用のパソコンで運用を考えている場合には、こちらのカードリーダーで問題ありません。

iPadやiPhoneでは、利用できません。

≫Dragon_CC ドライバーインストール方法

カードリーダー②:BNR01NF

型番BNR01NF
メーカートッパン・フォームズ
対応OSWindows
IOS
接続方法USB接続(Windows)
Bluetooth接続(IOS)
給電方法USBバスパワー
乾電池
価格33,000円
BNR01NF

BNR01NFは、WindowsとiOSの2つのOSに対応しています。

USBでもBluetoothでも接続ができるので、パソコンやiPadの両方で利用ができます。

ただしBluetooth接続のみで利用する場合には、バッテリーが内蔵されていないので、乾電池の購入が必要になります。

筆者

訪問先で1番見るのが、このBNR01NFですね。

≫BNR01NF ドライバーインストール方法

カードリーダー③:Dragon_BLE

型番Dragon_BLE
メーカーサーランド・アイエヌイー
対応OSWindows
IOS
接続方法USB接続(Windows)
Bluetooth接続(IOS)
給電方法USBバスパワー
内蔵バッテリー
価格33,000円
Dragon_BLE

Dragon_BLEは、WindowsとiOSの2つのOSに対応しています。

またDragon_BLEには、バッテリーが内蔵されているので、BNR01NFとは違い、乾電池を用意する必要はありません。

筆者

バッテリーは充電すれば、繰り返し利用できます。

≫Dragon_BLE ドライバーインストール方法

カードリーダー④:NR05-BT

型番NR05-BT
メーカージーエルソリューションズ
対応OSIOS
接続方法Bluetooth接続
給電方法USBバスパワー
価格33,000円
NR05-BT

NR05-BTの対応OSは、iOSのみとなります。

ほかの機種と比べて読み取り精度が高く、シリコンカバーも付いているので、より現場向けのカードリーダーと言えます。

筆者

現場の出入り口付近の渋滞を防ぐことができます。

その他、建設キャリアアップシステム(CCUS)に必要なもの

iPad

カードリーダー以外で、建設キャリアアップシステム(CCUS)の運用に必要になるものをご紹介します。

カードリーダー以外にそろえるもの
  • 通信端末(パソコン or iPad)
  • 通信回線
  • CCUSの事業者・現場登録

通信端末(パソコン or iPad)

建設キャリアアップシステム(CCUS)の運用には、通信ができる端末が必要です。

用意した通信端末に建レコアプリをダウンロードし、建設キャリアアップシステム(CCUS)を運用することになります。

現場監督のiPadで運用をしている会社もありますが、建設キャリアアップシステム(CCUS)専用の端末を用意することをおすすめします。

筆者

実務と併用の端末だとアプリを起動するたびに、IDとパスワードが必要になります。

専用の通信端末を用意するなら、iPadがおすすめです。

筆者

盗難対策は必ずしましょう!

通信回線

建設キャリアアップシステム(CCUS)の運用には、通信回線も必要になります。

カードリーダーで収集した技能者のデータを、建設キャリアアップシステム(CCUS)のサーバーに送信する必要があるからです。

筆者

すでに現場にインターネット環境があるなら、その回線が利用できます。

CCUSの事業者登録と現場登録

建設キャリアアップシステム(CCUS)の運用には、事業者登録と現場登録が必要となり、あわせて利用料金も発生します。

事業者登録料

企業の資本金ごとに支払う料金が違い、5年ごとに更新が必要。

現場利用料

職人の人数×10円の費用が発生します。
カードのタッチ数で計算されます。

建設キャリアアップシステム(CCUS)の料金については、関連記事で詳しくまとめました。

≫建設キャリアアップシステムの料金はこちら

まとめ

建設キャリアアップシステム(CCUS)には、建レコに対応したカードリーダーが必要です。

利用する通信端末ごとに、対応するカードリーダーをまとめました。

パソコン(Windows)で運用する場合

※型番を押せば、商品詳細に戻ります。

iPad・iPhoneで運用する場合

※型番を押せば、商品詳細に戻ります。

令和5年には、建設キャリアアップシステム(CCUS)の運用が原則化となります。

運用には費用も手間もかかりますが、いずれ必ず対応をしなくてはならなくなるので、少しでも早い時期から対応しておきましょう。

建設キャリアアップシステム 対応のICカードの選び方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる