僕たち従業員が転勤を拒否できない理由【転勤拒否なら退職一択です】

僕たち従業員が転勤を拒否できない理由 転職
あなた
うわっ!転勤辞令が出ちゃったよ。
・転勤って拒否できないの?
・拒否したら、やっぱり退職?
・転勤拒否したらどうすればいい?

そんな質問にお答えしていきます。

本記事の内容

  • 転勤が拒否できない理由
  • 転勤を拒否したら退職した方がいい理由
  • 転勤を拒否した後の行動計画

この記事を書いている僕も、転勤をした経験が2度あります。

転勤を断り、退職した経験もあります。

そして今まさに転勤を断り、退職を決意したところです。


転勤が拒否できない理由

苦悩する男性

雇用契約書もしくは職務規定の中に、転勤を承諾する文面が書かれている場合には、転勤を拒否することはできません。

従業員側も転勤があることを承知の上で、その企業に所属していることとなります。

仮に1年置きに自分だけが転勤の辞令が出ている場合でも、業務の一部と捉えられていれば、パワハラには該当しません。

あなた
えっ!?それってひどくない?

残念ながら明らかな不当転勤でなければ、業務の一部とみなされます。

転勤=業務の一部であることから、転勤拒否=業務拒否となり、懲戒解雇の対象にすらなってしまいます。

転勤を拒否することが認められる場合

家庭の事情

家庭の事情でどうしても転勤を受けることができない場合には、転勤拒否が認められるケースもあります。

従業員に著しいデメリットが生じる場合には、会社と言えども従業員の生活を守る義務もあるためです。

転勤を拒否できる代表例

  • 親の介護が理由
  • 病気の子供の看病が理由

しかしながら法律で定められているわけではないため、会社に認められなければ転勤辞令が覆ることはありません。

転勤規定がない場合

転勤の規定がない場合には、転勤を拒否する権利はあります。

会社側の一方的な都合だけで、転勤命令を下していることになるからです。

しかしながら事業・エリアの拡大に協力する意思はない!と示すことになります。

転勤を拒否する権利はありますが、失うものも大きいことが予想されます。

転勤を拒否したら退職した方がいい理由

非常口・出口

転勤を拒否するデメリット

  • 降格処分となる
  • 今後の出世はない
  • 懲戒解雇の可能性も

転勤を拒否するなら、退職することを覚悟しましょう。

転勤を拒否することで、3つのデメリットが生じます。

降格処分となる

転勤を拒否した場合の代表的な事例です。

転勤が断れるんだ!とほかの従業員に知れ渡ってしまうと、今後の事業計画に大きな影響を及ぼします。

新規エリアの拡大にはどうしても従業員の異動が必要。

にも関わらず、転勤がイヤだ!と従業員のワガママを受け入れることはできません。

転勤を拒否した従業員は降格処分にすることで、転勤を拒否することはできないとほかの従業員に知らしめる必要があります。

今後の出世はない

転勤を拒否すれば、出世の道は閉ざされます。

出世をすれば部下を持つことになりますが、その部下に転勤命令を言い渡すことができないと判断されるわけです。

「転勤は会社に忠誠を誓う儀式である」とよく言われますが、まさに忠誠を誓った従業員でなければ、会社の一翼を任せられないという判断もあるのでしょう。

転勤を拒否した場合には、出世どころか今のポジション以下に下がる可能性が高いです。

懲戒解雇の可能性も

転勤を拒否した場合には、懲戒解雇になるケースもあります。

転勤=業務の一部と捉えらえているので、転勤拒否=業務拒否となり、会社に不利益を与えた従業員となるわけです。

実際に転勤を理由に裁判で争われたケースもありますが、ほぼほぼ従業員に対して不利な判決が下っています。

参考資料:転勤に関する裁判例

懲戒解雇や裁判にまでいくケースも稀ですが、転勤を拒否して得るメリットはありません。

転勤を拒否した後の行動計画

計画書

転勤を拒否するのであれば、転職の準備を始めましょう。

  • 転職サイトの登録
  • 転職エージェントの登録

転勤を拒否し退職する場合には、とにかく時間がありません。

おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

転勤がなくなるかも!?という淡い希望に期待せずに、やるべきことをすぐに始めましょう。

転職サイトの登録

僕がおすすめする転職サイトは、以下2社です。

  • 転職サイトと言えばこちら。
    グッドポイント診断で強みを把握。
    リクナビNEXT
  • 最優秀賞を受賞したコンピテンシー診断
    5つの行動特性が理解できる。
    MIIDAS(ミイダス)

おすすめ理由は、適性・性格診断があること。

作り込まれた診断テストが無料で受験できるので、これを利用しない手はないです。

あなた
自分の強みや適性がよくわからないんだよな。

こんな人はぜひ登録して、診断テストを受けてください。

確実に書類作成や面接対策に繋がります。

関連記事はこちら↓

【アイキャッチ】グッドポイント診断

リクナビNEXTグッドポイント診断【面接対策に役立つ5つの強み】

コンピテンシー診断

【サラリーマン必見】コンピテンシー診断【完全無料の適性試験】

転職エージェントの登録

転職エージェントの登録もあわせて行いましょう。

僕がおすすめする転職エージェントは、以下3社+補足の1社です。

転職エージェントも様々な会社がありますが、案件数が多い大手の転職エージェントに登録しておけば問題ないと思います。

転職エージェントによって、得手・不得手の業界があるので、最終的には3~4社に登録しておきましょう。

これまでの実績に自信がある人は、ハイクラス案件を扱っている転職エージェントに挑戦するのもありです。

ハイクラス転職エージェント>>> ハイクラスの転職サービスなら、キャリアカーバー

まとめ:転勤を拒否するなら退職しましょう

崖・ジャンプ

転勤は拒否することができません。

拒否した場合には退職しましょう。

今の時代、1つの会社で定年まで働き続けるのが厳しい環境です。

会社に忠誠を誓い思考停止に陥るよりも、自分のスキルを磨き続けていった方が、将来的には安定します。

確かに一時的には大変な思いもするでしょう。

収入の不安もあるでしょう。

だけど、会社の言う通りに動くことが本当の幸せでしょうか。

自分の人生は自分が責任を持つほかないです。

転職活動の面接対策については、こちらの記事をどうぞ。

アイキャッチ_転職活動の面接対策

転職活動の面接対策を公開【僕は就職氷河期でも内定8社取りました】